シボレー・コルベットZ06コンバーチブル(FR/8AT)

むしろ洗練されている 2016.08.26 試乗記 シボレーのイメージリーダーを担う高性能スポーツモデル「コルベット」の、さらなるハイパフォーマンスバージョンが「Z06」である。今回は8段ATのコンバーチブルに試乗。サーキットが鍛えたその実力と、同車が持ち合わせる意外な一面をリポートする。

大型バスも真っ青の力持ち

シボレー・コルベットの最高性能版、Z06を前にして、今日は体調が良好でよかったとホッとする。好戦的なフロントマスク、ノーマルモデルに比べてフロントで56mm、リアで80mm幅広くなった、全幅2mに届かんとするワイドなボディー。風邪気味や寝不足だったら気おされてしまうに違いない。

「よっしゃ」と気合を入れて乗り込むも、ドライバーズシートに座るといい意味でホッとする。前を行くクルマにかみつきそうなエクステリアとは対照的に、インテリアは落ち着いた雰囲気なのだ。

スポーツカーらしく室内はタイトだし、フラットボトムのステアリングホイールはレーシーだ。それでも体を包み込むようにホールドしてくれるシートの掛け心地は快適だし、レザーに施されたステッチは目が細かくてきれい。インテリアは高級車のしつらえである。

本日、体調が良好なのはよしとして、問題はお天気だ。最高出力659ps、最大トルク89.8kgmのモンスターを走らせる日だというのに、路面はウエット。それどころか、時折空の上でだれかがバケツをひっくり返している。
ちなみに日野自動車の大型観光バスが積む排気量7.7リッターのディーゼルエンジンの最大トルクが81kgmであるからして、Z06のエンジンがどれだけ力持ちかは推して知るべし。

恐る恐るアクセルペダルを踏み込んで、そろそろと市街地を走りだす。こんな走り方だと、このクルマは自分が化け物であることを巧妙に隠す。
まず乗り心地がいい。路面の不整を乗り越えるとビシッとショックは伝わるものの、衝撃の余波はだらだらと続かず、一発で収束する。辛口だけれど、後味がいい。
基本骨格にアルミを用いた軽くて強いボディー構造と、走行状態や路面状況に応じて1000分の1秒単位で減衰力を調整する、「マグネティックライドコントロール」がいい仕事をしている。

「Z06」のボディータイプは先代モデルではクーペのみだったが、現行モデルではコンバーチブルも設定された。
インテリアの意匠については標準モデルの「コルベット」から大きな変更はない。日本仕様では標準装備となるインフォテインメントシステムは「Apple CarPlay」に対応している。
「Z06」にはクーペ、コンバーチブルともに、フレームにマグネシウムを使ったバケットシートが標準装備される。
電動開閉式のソフトトップは、車速が50km/h以下であれば走行中でも操作が可能となっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る