367psの「メルセデスAMG C43 4MATICクーペ」発売

2016.08.22 自動車ニュース
「メルセデスAMG C43 4MATICクーペ」
「メルセデスAMG C43 4MATICクーペ」

メルセデス・ベンツ日本は2016年8月19日、「メルセデス・ベンツCクラス クーペ」のラインナップに「メルセデスAMG C43 4MATICクーペ」を追加するとともに、「メルセデスAMG C43 4MATIC(セダン)/C43 4MATICステーションワゴン」の仕様を一部変更し、注文受け付けを開始した。発売は、同年9月を予定している。

「メルセデスAMG C43 4MATIC」
「メルセデスAMG C43 4MATIC」
「メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン」
「メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン」

今回、メルセデス・ベンツCクラス クーペのラインナップに加えられたC43 4MATICクーペは、3リッターV6ツインターボエンジン(最高出力367ps/5500-6000rpm、最大トルク53.0kgm/2000-4200rpm)を搭載する高性能モデル。0-100km/h加速=4.7秒のパフォーマンスを発揮する。トランスミッションは9段AT「9G-TRONIC」で、駆動方式は4WD。

このC43 4MATICクーペ導入にあわせて、既存のセダンとステーションワゴンを含めたメルセデスAMG C43 4MATIC全車のトランスミッションは9G-TRONICとなった。また、従来33:67だった4WDシステムの前後トルク配分は31:69へと、よりリアドライブ寄りの設定とされた。

ともに、最上級モデル「メルセデスAMG C63」と同じ、一定のドリフトアングルを許容する「スポーツハンドリングモード」を追加した3ステージESPを搭載。さらに、エンジンの油温・水温などが表示でき、ラップタイムの計測も可能となる「AMGメニュー」も装備する。

内外装については、C43 4MATIC全モデルでAMGロゴ付きのダイヤモンドグリルやブレーキキャリパー、サイドステップカバーを採用。C63と共通のホイールセンターキャップも装着するなど、スポーティーなドレスアップも施されている。

価格は以下の通り。クーペは右ハンドルのみで、セダンとステーションワゴンは、従来の左ハンドルに加えて右ハンドルも選べるようになった。

・メルセデスAMG C43 4MATIC(セダン):880万円
・メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン:952万円
・メルセデスAMG C43 4MATICクーペ:905万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
ホームへ戻る