367psの「メルセデスAMG C43 4MATICクーペ」発売

2016.08.22 自動車ニュース
「メルセデスAMG C43 4MATICクーペ」
「メルセデスAMG C43 4MATICクーペ」

メルセデス・ベンツ日本は2016年8月19日、「メルセデス・ベンツCクラス クーペ」のラインナップに「メルセデスAMG C43 4MATICクーペ」を追加するとともに、「メルセデスAMG C43 4MATIC(セダン)/C43 4MATICステーションワゴン」の仕様を一部変更し、注文受け付けを開始した。発売は、同年9月を予定している。

「メルセデスAMG C43 4MATIC」
「メルセデスAMG C43 4MATIC」
「メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン」
「メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン」

今回、メルセデス・ベンツCクラス クーペのラインナップに加えられたC43 4MATICクーペは、3リッターV6ツインターボエンジン(最高出力367ps/5500-6000rpm、最大トルク53.0kgm/2000-4200rpm)を搭載する高性能モデル。0-100km/h加速=4.7秒のパフォーマンスを発揮する。トランスミッションは9段AT「9G-TRONIC」で、駆動方式は4WD。

このC43 4MATICクーペ導入にあわせて、既存のセダンとステーションワゴンを含めたメルセデスAMG C43 4MATIC全車のトランスミッションは9G-TRONICとなった。また、従来33:67だった4WDシステムの前後トルク配分は31:69へと、よりリアドライブ寄りの設定とされた。

ともに、最上級モデル「メルセデスAMG C63」と同じ、一定のドリフトアングルを許容する「スポーツハンドリングモード」を追加した3ステージESPを搭載。さらに、エンジンの油温・水温などが表示でき、ラップタイムの計測も可能となる「AMGメニュー」も装備する。

内外装については、C43 4MATIC全モデルでAMGロゴ付きのダイヤモンドグリルやブレーキキャリパー、サイドステップカバーを採用。C63と共通のホイールセンターキャップも装着するなど、スポーティーなドレスアップも施されている。

価格は以下の通り。クーペは右ハンドルのみで、セダンとステーションワゴンは、従来の左ハンドルに加えて右ハンドルも選べるようになった。

・メルセデスAMG C43 4MATIC(セダン):880万円
・メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン:952万円
・メルセデスAMG C43 4MATICクーペ:905万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る