「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート」にオープンモデル登場

2016.08.22 自動車ニュース

「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ」


	「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ」
	拡大

英アストンマーティンは、カリフォルニアのペブルビーチで開催されたヒストリックカーイベント「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、限定モデル「ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ」を発表した。

■99台限定の特別なオープンモデル

アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテは、2016年5月にコンセプトカーが発表され、同年6月に99台限定での販売がアナウンスされた「ヴァンキッシュ ザガート」のオープンモデルである。

内外装デザインの特徴はヴァンキッシュ ザガートに準じたものだが、クーペとオープンということでボディーのリアセクションは大きく異なり、ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテではツインカウルを設けたリアデッキを設置。オープン時には、このカウルの下にトップを格納する。

両モデルともに最高出力592bhp(約600ps)のV12エンジンが搭載され、0-60mph(約96km/h)加速が3.7秒(予測値)という動力性能が見込まれている。

アストンマーティンとザガートのコラボレーションによるオープンモデルはこれが初めてではなく、1987年にジュネーブで発表された「V8ザガート ヴォランテ」や、2003年に発表された「DB AR1」などが存在する。特にDB AR1はザガート製のボディーを架装した「DB7」のオープンバージョンとして開発され、99台が限定販売された。

今回のモデルも販売台数は99台の限定。購入者への納車については、2017年第1四半期を予定している。価格や日本への導入台数などについては未定。

(webCG)
 

関連キーワード:
ヴァンキッシュ ヴォランテアストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストン・マーティン・ヴァンキッシュ ヴォランテ(FR/6AT)【試乗記】 2014.7.4 試乗記 アストン・マーティンの旗艦モデル「ヴァンキッシュ」に、オープンボディーの「ヴォランテ」が加わった。先進と伝統が同居する英国流フラッグシップスポーツの“グランドツーリング力”を探るべく、ハイウェイそしてワインディングロードで試乗した。
  • アストン・マーティン ヴァンキッシュ ヴォランテ(FR/6AT)【海外試乗記】 2013.12.11 試乗記 アストン・マーティンのフラッグシップモデル「ヴァンキッシュ」に、オープンモデルの「ヴォランテ」が加わった。その仕上がり具合はいかに? 米国カリフォルニア州パームスプリングスからの第一報。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.17 試乗記 進化が止まらぬスーパースポーツカーの世界。「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」も588psというパワーを得て、いよいよその究極形と目される「ヴァンキッシュS」に到達した。伝統の自然吸気V12エンジンも、いよいよこれでクライマックスか?
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る