「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート」にオープンモデル登場

2016.08.22 自動車ニュース

「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ」


	「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ」
	拡大

英アストンマーティンは、カリフォルニアのペブルビーチで開催されたヒストリックカーイベント「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、限定モデル「ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ」を発表した。

■99台限定の特別なオープンモデル

アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテは、2016年5月にコンセプトカーが発表され、同年6月に99台限定での販売がアナウンスされた「ヴァンキッシュ ザガート」のオープンモデルである。

内外装デザインの特徴はヴァンキッシュ ザガートに準じたものだが、クーペとオープンということでボディーのリアセクションは大きく異なり、ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテではツインカウルを設けたリアデッキを設置。オープン時には、このカウルの下にトップを格納する。

両モデルともに最高出力592bhp(約600ps)のV12エンジンが搭載され、0-60mph(約96km/h)加速が3.7秒(予測値)という動力性能が見込まれている。

アストンマーティンとザガートのコラボレーションによるオープンモデルはこれが初めてではなく、1987年にジュネーブで発表された「V8ザガート ヴォランテ」や、2003年に発表された「DB AR1」などが存在する。特にDB AR1はザガート製のボディーを架装した「DB7」のオープンバージョンとして開発され、99台が限定販売された。

今回のモデルも販売台数は99台の限定。購入者への納車については、2017年第1四半期を予定している。価格や日本への導入台数などについては未定。

(webCG)
 

関連キーワード:
ヴァンキッシュ ヴォランテアストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2018.7.13 試乗記 「アストンマーティンDB11ヴォランテ」に試乗した。その成り立ちを少々乱暴に表すならば、「V8クーペ」のオープントップモデル。しかしながらヴォランテは、クーペとも「V12」とも違う楽しみ方ができる、独自の魅力を備えたクルマに仕上がっていた。
  • アストン・マーティン・ヴァンキッシュ ヴォランテ(FR/6AT)【試乗記】 2014.7.4 試乗記 アストン・マーティンの旗艦モデル「ヴァンキッシュ」に、オープンボディーの「ヴォランテ」が加わった。先進と伝統が同居する英国流フラッグシップスポーツの“グランドツーリング力”を探るべく、ハイウェイそしてワインディングロードで試乗した。
  • アストン・マーティン V8ヴァンテージ ロードスター(FR/6AT)【試乗記】 2009.3.3 試乗記 アストン・マーティンV8ヴァンテージ ロードスター(FR/6AT)
    ……1853万8800円

    排気量をアップするなど、昨年ビッグマイナーチェンジを受けた“ベビー・アストン”。その乗り味を、2ペダルMTのオープンモデル「ロードスター」でチェックしてみた。
  • 「トヨタ・カローラ スポーツ」に6段MT仕様が登場 2018.8.2 自動車ニュース 「トヨタ・カローラ スポーツ」の1.2リッターターボ車(FF)に、6段MT仕様が登場。ドライバーのクラッチ、シフト操作にあわせて最適な回転数になるようエンジンを制御する「インテリジェントマニュアルトランスミッション(iMT)」が採用されている。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICカブリオレ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2018.8.7 試乗記 「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗。見れば美しく、踏めば速く、そしてコンフォータブル。そんな完全無欠とも思われるラグジュアリーな4シーターオープンの世界を堪能した。
ホームへ戻る