メルセデス・ベンツE200アバンギャルド スポーツ(FR/9AT)

お手本になるセダン 2016.08.30 試乗記 7年ぶりにフルモデルチェンジした、メルセデス・ベンツのミドル級セダン「Eクラス」に試乗。最新の運転支援システムや高効率なパワーユニットを搭載する「E200アバンギャルド スポーツ」の印象を報告する。
インテリアの様子。水平基調にデザインされたインストゥルメントパネルには、12.3インチの高精彩ワイドディスプレイが2枚並ぶ。
インテリアの様子。水平基調にデザインされたインストゥルメントパネルには、12.3インチの高精彩ワイドディスプレイが2枚並ぶ。
前席には、側面衝突の際にドア側のサイドサポートを膨らませて乗員をドアから遠ざける、メルセデス初の安全装備「PRE-SAFEインパルスサイド」が備わる。 
前席には、側面衝突の際にドア側のサイドサポートを膨らませて乗員をドアから遠ざける、メルセデス初の安全装備「PRE-SAFEインパルスサイド」が備わる。 
「E200」の2リッター直4直噴ターボエンジンは、1200rpmの低回転域から30.6kgmの最大トルクを発生する。JC08モードの燃費値は、14.7km/リッター。
「E200」の2リッター直4直噴ターボエンジンは、1200rpmの低回転域から30.6kgmの最大トルクを発生する。JC08モードの燃費値は、14.7km/リッター。
先行して発売された今回の試乗車「E200アバンギャルド スポーツ」を含め、2016年9月にはガソリン車とディーゼル車を織り交ぜた7種類の「Eクラス」が日本で出そろう。
先行して発売された今回の試乗車「E200アバンギャルド スポーツ」を含め、2016年9月にはガソリン車とディーゼル車を織り交ぜた7種類の「Eクラス」が日本で出そろう。

ゴールに一番近いやつ

先進的な運転支援機能が話題の新型「メルセデス・ベンツEクラス」。体験してみると、確かに先進的だ。「誤解を招かぬようこの段階の機能を自動運転と呼ぶべきではない」という意見には賛成だが、現在日本で市販されている乗用車の中で最も自動運転に近い性能を備えているのは事実だ。

前車を検知し一定間隔を保って追従し、完全停止にまで対応してくれる、いわゆるアダプティブクルーズコントロールの精度が非常に高く、安心感がある……のみならず、完全停止後、30秒以内に前車が再発進すれば、アクセル操作なしで再発進してくれるようになった。

また、道路の白線を検知して自車を車線中央に保つべくステアリング操作をアシストしてくれる。車線が不明瞭でもガードレールや反射柱などの道路と平行な“何か”を可能な限り検知してアシストしてくれるのだ。さらに、ウインカーを出せば、自車の斜め後ろに車両がいないのを確認したうえで、クルマが自動的に車線変更してくれる。ただ、車線変更完了後に自分でウインカーを戻さなくてはならないのは面倒……あ、もうそんなことすら面倒になるなんて、人間、一度楽で便利なものを味わうと、もうそれ以前には戻れないんだなと思わせる。

試乗したのはE200アバンギャルド スポーツ。「C200」に載るのと同じ2リッター直4ターボエンジンは、音と振動は「やっぱり4気筒なんだな」と思わせるものだが、車重がC200よりも160kg重いE200に載せてもよく走る。ATが7段から9段に進化しているのもその一因だろう。

もっとパワフルなのが欲しいなら、同じエンジンの高出力バージョンが載る「E250」、もしくは新開発の2リッター直4ディーゼルターボが載る「E220d」を選べばいいし、パワフルかつ高級なのが欲しいなら3.5リッターV6ガソリンターボが載る「E400」を選べばいい。4WDもある。「ステーションワゴン」も出てくるだろう。当然AMG仕様も出る。この先7~8年、このW213型Eクラスが世のセダンのお手本として君臨するわけだ。

(文=塩見 智/写真=郡大二郎)

「メルセデス・ベンツE200アバンギャルド スポーツ」
「メルセデス・ベンツE200アバンギャルド スポーツ」

【スペック】
メルセデス・ベンツE200アバンギャルド スポーツ

全長×全幅×全高=4950×1850×1455mm/ホイールベース=2940mm/車重=1740kg/駆動方式=FR/エンジン=2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ(184ps/5500rpm、30.6kgm/1200-4000rpm)/トランスミッション=9AT/燃費=14.7km/リッター(JC08モード)/価格=727万円

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】NEW 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚き値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
ホームへ戻る