第464回:未来のカーデザイナーに夢を!
「コンセプトカー日常使い」のすすめ

2016.08.26 エッセイ

まぼろしの“四角いMINI”

MINIといえば、いまやBMWグループを支えるブランドである。しかし誰もが知るように、オリジナルの「MINI」は1959年に英国BMC(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)によって世に送り出された。その後オリジナルMINIは、2000年まで、なんと41年にわたり同一モデルでの生産が続けられたのだった。

その後継モデルが、それもオリジナルMINIの設計者であるアレック・イシゴニスによって1960年代の終わりに考えられていたことも事実だ。「9X」と名付けられたプロトタイプである。

「乗員4人と荷物を搭載できるスペース」というオリジナルの思想を踏襲しながらも、従来比で5%の価格低減が目標だった。エンジンは、オリジナルと同じ排気量850ccながら新設計で、重量はそれまでのユニットに比べて4割も軽量化することに成功した。整備性も大幅に改善された。

サスペンションは、初期のオリジナルMINIに見られたハイドロラスティック・サスペンションではなく、前:ストラット、後ろ:トーションバー式を採用。
スクエアなボディースタイルは、オリジナルよりも広い車室を実現するのに貢献した。おそらく、曲面を作って強度を上げる必要のない、鋼材技術の進化もデザインに自由度を与えたと思われる。

そしてオリジナルとの最大の違いとして挙げられるのが、近代的なハッチバックスタイルだった。

「MINI」とその生みの親、サー・アレック・イシゴニス。
「MINI」とその生みの親、サー・アレック・イシゴニス。
写真手前が、1969年に作られた「MINI 9Xハッチバック プロトタイプ」。右奥に見えるのは、オリジナル「MINI」のデビュー年にあたる1959年製の「モーリスMINIマイナー」。
写真手前が、1969年に作られた「MINI 9Xハッチバック プロトタイプ」。右奥に見えるのは、オリジナル「MINI」のデビュー年にあたる1959年製の「モーリスMINIマイナー」。
「MINI 9Xハッチバック プロトタイプ」(写真右)と「モーリスMINIマイナー」(左)のリアビュー。2016年5月にイタリア・コモで開催された、コンコルソ・ヴィラ・デステにて。
「MINI 9Xハッチバック プロトタイプ」(写真右)と「モーリスMINIマイナー」(左)のリアビュー。2016年5月にイタリア・コモで開催された、コンコルソ・ヴィラ・デステにて。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。