アウディが「TT」と「TTS」の限定モデルを発売

2016.08.23 自動車ニュース
「アウディTTクーペ1.8 TFSI 1st edition」
「アウディTTクーペ1.8 TFSI 1st edition」

アウディ ジャパンは2016年8月23日、「アウディTT」シリーズに2種の限定モデル「TTクーペ1.8 TFSI 1st edition」と「TTSクーペ urban sport limited」を設定し、販売を開始した。

「TTクーペ1.8 TFSI 1st edition」のリアビュー。
「TTクーペ1.8 TFSI 1st edition」のリアビュー。
「TTSクーペ urban sport limited」
「TTSクーペ urban sport limited」

今回のTTクーペ1.8 TFSI 1st editionは、アウディTTの新たなエントリーモデルとなる「TTクーペ1.8 TFSI」の導入を記念する特別仕様車。

パワートレインは1.8リッター直4ターボエンジンと7段Sトロニックの組み合わせで、通常は設定のないS lineエクステリアパッケージ(専用バンパー、ラジエーターグリル、リアディフューザー、ドアシルトリム、エクステリアロゴ)のほか、LEDヘッドライト、10スポークデザイン18インチアルミホイール、先進安全機能アシスタンスパッケージが備わる。

価格は、TTクーペ1.8 TFSIより31万円高の500万円。180台限定で販売される。

一方、TTSクーペ urban sport limitedは110台の限定販売となる。同車は、最高出力286ps、最大トルク38.7kgmを発生する2リッター直4ターボエンジンを搭載するモデルで、トランスミッションは6段Sトロニック、駆動方式は4WD。

特別装備として、5Vスポークデザイン20インチアルミホイール、 カラードキャリパーレッド、ファインナッパレザーSロゴ、エクステンドレザーパッケージ、Bang&Olufsenサウンドシステム、プライバシーガラス、アシスタンスパッケージが与えられる。

ボディーカラーはグレイシアホワイトメタリック、ミトスブラックメタリックのほか、2015年の東京モーターショーに参考展示された“exclusiveカラー”であるノガロブルー(26万円の有償色)が選べる。

価格は827万円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
ホームへ戻る