オープンの新型MINI、「ロードスター」登場

2011.11.01 自動車ニュース
「MINIロードスター」
オープンの新型MINI、「ロードスター」登場

オープンの新型MINI、「ロードスター」登場

独BMWは、MINIシリーズとしては初めてとなる2シーターオープンの「ロードスター」をラインナップに追加。2011年10月30日に、その概要を発表した。


オープンの新型MINI、「ロードスター」登場の画像

オープンの新型MINI、「ロードスター」登場の画像
ソフトトップ開閉の様子。
ソフトトップ開閉の様子。

MINIブランドとして6番目のボディーバリエーションとなる「ロードスター」は、2009年のフランクフルトモーターショーで「MINIクーペ」とともにお披露目された「MINIロードスター コンセプト」の市販バージョンである。今春にデビューした「クーペ」から半年遅れでその姿を現すことになった。ベースモデルは「クーペ」で、そのハードトップを取り払うことでオープンボディーへ変更している。

すでにMINIのラインナップにあるもうひとつのオープンモデル「コンバーチブル」との大きな違いは2シーターを採用しているところ。コンパクトなキャビンとの組み合わせで、小さなボディーでありながらリアデッキを持つ3ボックススタイルを実現した。さらに、Aピラーを寝かせるとともに、全高を「コンバーチブル」よりも20mm低くすることで、ロードスターらしいスポーティーなスタイリングを手に入れている。バンパーをはじめとするディテールは「クーペ」と同じスポーティーな意匠をそのまま受け継ぐ。ボディーサイズは全長3728mm×全幅1683mm×全高1384mm、ホイールベース2467mm(いずれもクーパー ロードスター値)。「クーペ」と比べると全高が若干高くなっている以外は、すべて同一だ。

「クーペ」の特徴的なルーフの代わりに備わるソフトトップは「コンバーチブル」の電動式とは異なり手動式となる。「スポーティーな走りを損なわないために重量を抑えた」というのが、採用の理由だ。ラゲッジルームは「クーペ」と遜色(そんしょく)ない240リッターを確保。2シーターということを考えれば十分な容量と言えるだろう。小さなトランクリッドには、「クーぺ」同様80km/hでせり上がり60km/hで格納される可動式のリアスポイラーが備わる。このスポイラーは最大で40kgのダウンフォースを発生するという。

プラットフォームをはじめ、ボディー以外の走りに関する部分は「クーペ」と共有している。もちろん、MINI特有のゴーカートフィールは健在だろう。オープンボディーと相まって、シリーズ最高のゴーカートフィールが味わえるかもしれない。

これまでで唯一の“オープンMINI”だった「コンバーチブル」(写真左)と。
これまでで唯一の“オープンMINI”だった「コンバーチブル」(写真左)と。
(MINIロードスターのさらに詳しい写真はこちら)
(MINIロードスターのさらに詳しい写真はこちら)

エンジンは「クーパー」の1.6リッター自然吸気ユニットをはじめ、「クーペ」と変わらぬ4タイプを用意。ほかのMINI同様、1エンジン1グレードの設定で、200psオーバーの「ジョンクーパーワークス」も選べる。ラインアップは以下のとおり。

・クーパー ロードスター:
1.6直4直噴:122ps/6000rpm 16.3kgm/4250rpm

・クーパーS ロードスター:
1.6直4直噴ターボ:184ps/5500rpm 24.5kgm/1600-5000rpm(オーバーブースト時 26.5kgm/1730-4500rpm)

・ジョンクーパーワークス ロードスター:
1.6直4直噴ターボ:211ps/6000rpm 26.5kmg/1850-5600rpm(オーバーブースト時 28.6kgm/2000-5100rpm)

・クーパーSD ロードスター:
2.0直4直噴ディーゼルターボ:143ps/4000rpm 31.1kgm/1750-2700rpm

ハッチバックと変わらぬコンパクトなボディーながらその名のとおり、まごうことなきスポーティーなオープンモデルに仕立ててきた「ロードスター」。MINIのスポーティーさを体現した「ロードスター」が、先に発売が開始された「クーペ」とともにMINIに新しい旋風を巻き起こすのは間違いないだろう。

(文=新井一樹)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.18 試乗記 新型「MINIクーパーS コンバーチブル」に試乗。そのつくりも世界観も完成の域に達した感がある“BMW MINI”のオープンモデルは、われわれにいかなる走行体験をもたらしてくれるのだろうか。
  • MINIクーパー コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.25 試乗記 3代目となる現行型「MINI」に、待望の「コンバーチブル」が登場。従来モデルから変わったところ、受け継いだところを確かめながら、MINIならではのユニークなスタイリングとオープン・エア・ドライブが織り成す魅力にどっぷりとひたった。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【海外試乗記】 2016.3.15 試乗記 個性的なスタイリングはそのままに、「MINIコンバーチブル」が3世代目にフルモデルチェンジ。最新のアーキテクチャーが採用された新型の走りいかに? 上級グレード「クーパーS」の試乗を通して、その実力を確かめた。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る