「谷口信輝の新車試乗」――BMW i3(前編)

2016.08.25 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW i3(前編)の画像

「谷口信輝の新車試乗」――BMW i3(前編)

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は当連載初の電気自動車(EV)である「BMW i3」。“駆けぬける歓び”の未来形を提案するプレミアムEVを、谷口はどう評価するのだろうか。

 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW i3(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW i3(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW i3(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW i3(前編)の画像

■ドラテク不要のクルマ!?

谷口信輝が運転するBMW i3は箱根のワインディングロードをかなりのペースで駆け上がっていく。そのことは、助手席に腰掛ける私の全身に強い横Gがかかっていることからも明らかだが、このとき谷口は意外な言葉を口にした。
「これ、タイヤがへっぽこですね」
まさに一刀両断、まるで救いようのない言葉だ。

「それにアシの設定が微妙というか、いろんな制御が入りまくっていますね」
たとえば、どんな制御が入っているのか?
「あのー、ブレーキをチョイチョイってつまむヤツですよ」
どうやら、イン側の後輪などに軽い制動力を与えてヨーモーメントを作り出すトルクベクタリングのことを指しているようだ。

「あとはパワー制御も結構入ってきますよね。だからクルマの運動性能は全部クルマの“管理”で決まっているっていう感じ。おかげで、ほら、ここもアクセル踏みっぱなしでいけちゃうでしょ。いま、バンプで底付きみたいになった拍子に(スタビリティーコントロールの作動を伝える)警告灯がピカピカ光りましたけど、結構、いろんな制御が介入してきて、でも結果的にそのままいけちゃいますよね。だから、あんまりドライビングテクニックとか要らない感じですね」

谷口の低いテンションにこちらまで意気消沈しそうになったが、i3は生産技術、ボディー構造、レイアウト、さらには操作系にいたるまで、BMWの次世代エコカーに対する考え方がギッシリと詰まったクルマ。だから、さっと運転席に乗り込んで走り始めただけの谷口にはまだ理解してもらえていないことがたくさんあるはず。試乗を終えたらその辺の説明をしっかりしようと、このとき私は心に決めた。(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

i3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW i3 レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2014.5.13 試乗記 走り、デザイン、生産技術など、さまざまな分野でこれまでのクルマとは一線を画す「BMW i3」。BMWが提案する未来のクルマの、今日における実用性を試した。
  • BMWが「i3」を一部改良、走行可能距離が390kmに 2016.9.27 自動車ニュース BMWが電気自動車「i3」を一部改良。リチウムイオンバッテリーの改良により、従来モデルより70%長い390kmの一充電走行可能距離を実現した。発電用エンジンを備えたレンジ・エクステンダー装備車では、511kmの距離を無給油、無充電で走れるという。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW i3(後編) 2016.9.1 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「BMW i3」に試乗する。従来の物差しでは測りきれないi3の走りを、谷口はどう表現するのだろうか。
ホームへ戻る