「レクサスCT200h」にクールなルックスの特別仕様車

2016.08.25 自動車ニュース
レクサスCT200h“Cool Touring Style”」(写真のボディーカラーはブラックルーフ&レッドマイカクリスタルシャイン)
「レクサスCT200h“Cool Touring Style”」(写真のボディーカラーはブラックルーフ&レッドマイカクリスタルシャイン)

トヨタ自動車は2016年8月25日、レクサスのハッチバックモデル「CT200h」に特別仕様車“Cool Touring Style”を設定。同日、販売を開始した。

CT200h“Cool Touring Style”」のインテリア。
「CT200h“Cool Touring Style”」のインテリア。

今回のCT200h“Cool Touring Style”は、CT200hの“バージョンC”をベースとする特別仕様車。フロントグリルのロワーモールにメッキ加飾を施し、専用ハイグロス塗装の17インチアルミホイールを採用することで、クールな印象を演出するとともに走りのイメージを強調したという。LEDヘッドランプとLEDフォグランプも備わる。

インテリアは、ファブリックとL tex(エルテックス)素材によるツートンカラーのシートを装着。車体色はレッドマイカクリスタルシャインを含む全10色で、ボディーカラーとのコントラストを際立たせるブラックルーフもオプションで選択できる。

価格は400万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスCT200h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2014.4.16 試乗記 「LS」「HS」と、マイナーチェンジで劇的なまでにクルマを進化させてきたレクサス。プレミアムコンパクト「CT」はどこまでの変貌を遂げたのか。その実力をチェックした。
  • 「レクサスCT200h」にクールなルックスの特別仕様車 2016.8.25 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年8月25日、レクサスのハッチバックモデル「CT200h」にクールなスタイリングをセリングポイントとする特別仕様車“Cool Touring Style”を設定。同日、販売を開始した。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • レクサスCT200h“Fスポーツ”(FF/CVT)/CT200h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2014.2.25 試乗記 マイナーチェンジを受けた「レクサスCT200h」の見どころは、フロントエンドの「スピンドルグリル」だけではない。ボディー剛性の見直しなど、プレミアムコンパクトカーとしての“体幹”も一段と強化されているという。その仕上がりはいかに?
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る