レクサス、5モデルの装備・仕様を変更

2016.08.25 自動車ニュース
「レクサスHS250h」(写真のボディーカラーはグラファイトブラックガラスフレーク)
「レクサスHS250h」(写真のボディーカラーはグラファイトブラックガラスフレーク)

トヨタ自動車は、レクサスの5車種「HS」「RC」「RC F」「NX」「LS」について装備・仕様を変更し、2016年8月25日に発売した。

「HS250h」のインテリア。
「HS250h」のインテリア。

各車の変更点と新価格は、以下の通り。

【レクサスHS】
・ボディーカラーに、新色のグラファイトブラックガラスフレークを含む全10色を設定
・「HS250h」(標準モデル)のシート表皮に、ファブリックとL texのコンビシートを新たに採用
・車庫入れなどの際、障害物の接近を知らせるクリアランスソナーを標準設定
・フロントグリルに装着した超広角カメラで、左右の車両や歩行者の確認をサポートするワイドビューフロントモニターを標準設定
・「LEXUS Apps」や「マップオンデマンド」などで高速データ通信が可能となるLTE通信に対応

<価格>
・HS250h:434万7000円
・HS250h“バージョンC”:459万8000円
・HS250h“バージョンI”:494万7000円
・HS250h“バージョンL”:570万5000円
 

RC300h“バージョンL”」(写真のボディーカラーはグラファイトブラックガラスフレーク
「RC300h“バージョンL”」(写真のボディーカラーはグラファイトブラックガラスフレーク)
切削光輝仕上げが施された「レクサスRC」の19インチアルミホイール。
切削光輝仕上げが施された「レクサスRC」の19インチアルミホイール。

【レクサスRC】
・ボディーカラーに、新色のグラファイトブラックガラスフレークを含む全10色を設定
・18インチアルミホイールと19インチアルミホイールのカラーリングをダークメタリックに変更したうえで、切削光輝仕上げに変更
・フロントのスピンドルグリルのカラーリングをスターライトブラックガラスフレークに変更(“Fスポーツ”専用グリルは除く)
・フロントのパフォーマンスダンパーを、「RC200t」に加えて「RC350」にも標準設定
・「LEXUS Apps」や「マップオンデマンド」などで高速データ通信が可能となるLTE通信に対応

<価格>
・RC200t:521万円
・RC200t“Fスポーツ”:583万円
・RC200t“バージョンL”:585万円
・RC300h:565万円
・RC300h“Fスポーツ”:627万円
・RC300h“バージョンL”:629万円
・RC350:599万2000円
・RC350“Fスポーツ”:681万2000円
・RC350“バージョンL”:663万2000円
 

「レクサスRC F」
「レクサスRC F」
BBS製の19インチ7本スポークアルミホイール。
BBS製の19インチ7本スポークアルミホイール。

【レクサスRC F】
・標準設定のアルミホイールの意匠を7本スポークに変更
・“F”モデル用に開発したNAVI・AI-AVSを標準設定。ショックアブソーバーの減衰力を最適に電子制御し、ロール姿勢の最適化とステアリングレスポンスの向上を図ることで、優れた操縦安定性とフラットな乗り心地を両立。また、カーナビの道路情報を元にあらかじめ制御を行うことで優れた旋回性能を実現
・エンジンコンパートメントブレースを取り付けるブラケットをアルミダイカスト製に変更し、フロントのボディー剛性を強化
・NAVI・AI-AVSの設定とボディー剛性強化に伴い、電動パワーステアリング(EPS)およびTVD(オプション設定)のチューニングを実施
・「LEXUS Apps」や「マップオンデマンド」などで高速データ通信が可能となるLTE通信に対応

<価格>
・RC F:967万円
・RC F“カーボン エクステリア パッケージ”:1044万円
 

レクサスNX200t“Fスポーツ”」(写真のボディーカラーはラヴァオレンジクリスタルシャイン
「レクサスNX200t“Fスポーツ”」(写真のボディーカラーはラヴァオレンジクリスタルシャイン)
NX300h“Fスポーツ”」のインテリア。
「NX300h“Fスポーツ”」のインテリア。

【レクサスNX】
・ボディーカラーに、新色の“Fスポーツ”専用色ラヴァオレンジクリスタルシャインとヒートブルーコントラストレイヤリング(オプション)を含む全12色を設定
(※内装色は、ラヴァオレンジクリスタルシャインを選択した場合、オレンジステッチを施した“Fスポーツ”専用ブラックとなり、ヒートブルーコントラストレイヤリング<オプション>を選択した場合、ブルーステッチを施した“Fスポーツ”専用ブラックとなる)
・「LEXUS Apps」や「マップオンデマンド」などで高速データ通信が可能となるLTE通信に対応

<価格>
・NX200t(FF):428万円
・NX200t(4WD):454万円
・NX200t“Iパッケージ”(FF):442万円
・NX200t“Iパッケージ”(4WD):468万円
・NX200t“Fスポーツ”(FF):492万円
・NX200t“Fスポーツ”(4WD):518万円
・NX200t“バージョンL”(FF):492万円
・NX200t“バージョンL”(4WD):518万円
・NX300h(FF):492万円
・NX300h(4WD):518万円
・NX300h“Iパッケージ”(FF):506万円
・NX300h“Iパッケージ”(4WD):532万円
・NX300h“Fスポーツ”(FF):556万円
・NX300h“Fスポーツ”(4WD):582万円
・NX300h“バージョンL”(FF):556万円
・NX300h“バージョンL”(4WD):582万円
 

「レクサスLS600h“バージョンL”」(写真のボディーカラーはアンバークリスタルシャイン
「レクサスLS600h“バージョンL”」(写真のボディーカラーはアンバークリスタルシャイン)

【レクサスLS】
・ボディーカラーに、新色のグラファイトブラックガラスフレーク、アンバークリスタルシャイン、ディープブルーマイカを含む全11色を設定
・AMラジオが聞きとりにくい地域でもFM放送でAMラジオの番組が聞けるワイドFMに対応

なおLSについては、価格は据え置きとなっている。

(webCG)

関連記事
  • レクサスLS500“Fスポーツ” 2017.4.12 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その次期型である「LS500」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」が公開された。ディテールを写真で紹介する。
  • 【ニューヨークショー2017】「レクサスLS500“Fスポーツ”」デビュー 2017.4.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年4月11日、ニューヨーク国際オートショー(開催期間:2017年4月12~23日)で初披露する「レクサスLS500“Fスポーツ”」の概要を発表した。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
ホームへ戻る