「日産GT-R NISMO」の2017年モデル、販売開始

2016.08.25 自動車ニュース
「日産GT-R NISMO」
「日産GT-R NISMO」

日産自動車は2016年8月25日、「日産GT-R NISMO」と「日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo」の2017年モデルを、同日から販売すると発表した。

 
「日産GT-R NISMO」の2017年モデル、販売開始の画像

GT-R NISMOは、日産のモータースポーツを担うNISMOがファクトリーチューンを施した、「日産GT-R」ベースのハイパフォーマンスモデル。

今回発売された2017年モデルには、ホイールハウス周辺の空気を吸引し大きなダウンフォースを発生させる、新形状のカーボンファイバー製フロントバンパーが与えられる。エンジンフードは剛性が高められ、超高速域での変形を抑制。これらの改良により同車は、日産車の中で最大のダウンフォースと、超高速域における優れた走行安定性を実現したという。

インテリアは、安定感を演出する水平基調のデザインを採り入れながら、ドライバーオリエンテッドな空間を演出。センターコンソールのディスプレイを7インチから8インチに拡大したうえで大型のアイコンを採用し、視認性を向上させた。「マルチファンクションスイッチ」をカーボン製のセンターコンソール上に配置することで、手元でのカーナビ操作も可能となった。
パドルシフトは、ステアリングホイール固定タイプに変更。ドライバーが手を離すことなくシフト操作できる領域が広がった。

GT-R NISMO専用のアイテムとしては、高品質のアルカンターラを採用したステアリングホイールとセンターアームレスト、赤いアルカンターラを中央部分に配したレザー仕様のレカロ製カーボンバケットシートが備わる。

メカニズムについては、ベースとなるGT-Rと同様にボディー剛性を強化。これにより、ショックアブソーバー/スプリング/スタビライザーのそれぞれについて、セットアップを細かく煮詰めることが可能に。より接地性に優れ、しなやかに動く足まわりを実現したとアピールされる。

GT-R NISMOのビルシュタイン製ショックアブソーバーには、NISMO専用のチューニングが施されている。標準型のGT-Rをベースに、このGT-R NISMOの足まわりとボディー剛性を融合させたGT-Rトラックエディション engineered by nismoも、あわせて販売される。

各モデルの価格は、以下の通り。
・GT-R NISMO:1870万0200円
・GT-Rトラックエディション engineered by nismo:1369万9800円

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ【海外試乗記】 2017.8.12 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」から派生したワゴンタイプの新型車「パナメーラ スポーツツーリスモ」にカナダで試乗。既存のパナメーラとの違いを含め、その走りや使い勝手を報告する。
ホームへ戻る