レクサス、新型クーペ「LC500」でSUPER GTに参戦

2016.08.26 自動車ニュース
SUPER GT GT500クラス参戦車
SUPER GT GT500クラス参戦車

LEXUS GAZOO Racingは2016年8月26日、2017年のSUPER GT GT500クラスに、従来の「RC F」に替えて、2016年のデトロイトモーターショーで発表した新型ラグジュアリークーペ「LC500」をベースとしたレース車両で参戦すると発表した。

 
レクサス、新型クーペ「LC500」でSUPER GTに参戦の画像
 
レクサス、新型クーペ「LC500」でSUPER GTに参戦の画像

レクサスLC500は、レクサスブランドの新たなフラッグシップクーペとなるモデルで、日本では、2017年春ごろの発売が予定されている。

LC500をベースとした新レース車両は、2017年から採用される新規則に沿って、トヨタテクノクラフトで開発が進められており、9月から実車テストが始まる予定だ。

参戦車両のスペックは以下の通り。
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4960×1950×1220mm
ホイールベース:2750mm 
車重:1020kg以上 
エンジン:2リッター直列4気筒直噴ターボ 
トランスミッション:6段シーケンシャル 後退1段 

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RC Fの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る