トヨタ・エスティマハイブリッド アエラス スマート(4WD/CVT)

貴族のミニバン 2016.09.01 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタのミニバン「エスティマ」に試乗。登場から11年目を迎えたロングセラーモデルは、どのようにリファインされたのか。走りや乗り心地を、ハイブリッドモデルで確かめた。

縁の切れない長寿モデル

トヨタという会社は辛抱強くて情に厚い。登場から11年目のエスティマを消滅させるどころか、ビッグマイナーチェンジを行うとは!

もちろんその裏には、冷徹な経営判断があるんだろう。販売が落ちたとはいっても、直近でも月に1000台くらい売れていた。10年間も売っていれば保有台数は膨大だ。それを切り捨てるなんてお客さまに失礼だしあり得ない。新型を開発するのは厳しいが、ビッグマイナーならもう一度需要を掘り起こせる。そういうことだろう。

と言いつつ、世の中にはよくできたクルマがゴロゴロあるのだから、個人的には「いまさらエスティマの新車を買うなんてあり得ない」とも思う。
実を言えばこの私、20年以上前、初代エスティマの「ルシーダ」を買った経験があるのだが、あれはこれまでで一番つまらないクルマだった。初代エスティマは専門家に絶賛されたが、私としては生涯最大の失敗だった。

なにしろ身のこなしがあまりにもトロくてどんくさくて燃費も悪かった。便利だと思った回転対座シートで家人はクルマ酔いした。あれ以来、「もうミニバンは二度と買うまい」と天に誓ったほどである。そんな私がエスティマの試乗記を書いていいのだろうか。申し訳ありません。

現在の「トヨタ・エスティマ」は3代目にあたるモデル。2006年1月のデビューから10年半を経た2016年6月に、マイナーチェンジ版が発売された。
現在の「トヨタ・エスティマ」は3代目にあたるモデル。2006年1月のデビューから10年半を経た2016年6月に、マイナーチェンジ版が発売された。
コックピット周辺の様子。インストゥルメントパネルの表面に新たに合成皮革が採用され、下方にはサテン調のオーナメントパネルが装着されるなど、上質感の向上が図られた。
コックピット周辺の様子。インストゥルメントパネルの表面に新たに合成皮革が採用され、下方にはサテン調のオーナメントパネルが装着されるなど、上質感の向上が図られた。
天地にデザインの薄いオプティトロンメーター。4.2インチ(TFTカラー)のマルチインフォメーションディスプレイも備わる。
天地にデザインの薄いオプティトロンメーター。4.2インチ(TFTカラー)のマルチインフォメーションディスプレイも備わる。
荷室は、3列目シートを床下に収納し、さらに2列目シートを前方にスライドさせることで、積載容量を拡大できる。(写真をクリックするとシートアレンジが見られます)
荷室は、3列目シートを床下に収納し、さらに2列目シートを前方にスライドさせることで、積載容量を拡大できる。(写真をクリックするとシートアレンジが見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.11 試乗記 個性的なデザインやボディーカラーで話題の、新型「トヨタ・シエンタ」に試乗。そのコンパクトミニバンとしての実力は……? パワーユニットやシートの仕様が異なる、2つのモデルでチェックした。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 「トヨタヴォクシー」の特別仕様車「ZS“煌II”」発売 2016.7.7 自動車ニュース トヨタが「ヴォクシー」の特別仕様車「ZS“煌II”」を発売。メッキ装飾や高輝度シルバー塗装を用いたきらびやかなエクステリアと充実した装備が特徴で、ワンタッチスイッチ付きデュアルパワースライドドアやLEDフロントフォグランプを備えている。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・シエンタ【開発者インタビュー】 2015.8.11 試乗記 12年におよぶモデルライフを経て一新された、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。新型の個性的なデザインやメカニズムは、どんな思いから生み出されたのか? 開発責任者の生の声を聞いた。
ホームへ戻る