第465回:飛び出る、突き出す、そそり立つ!
今こそクルマの“突起パーツ”に注目せよ

2016.09.02 エッセイ

「飛び出すヘッドランプ」命な人たち

イタリア人ファンによる「マツダMX-5ミアータ(日本名:マツダ・ロードスター)」のファンミーティングに参加したことがあった。すでに、2代目のMX-5が市場に出回っていた時期である。

しかしボクを呼んでくれたオーガナイザーは、「なんといっても初代が好きだ」と言って、自分も初代で参加していた。一流銀行勤務ゆえ、決して財布の問題ではなさそうだった。その後もかたくなに初代に乗っているので、あるときどうしてなのか? と聞いてみれば、「初代のリトラクタブルライトがいいに決まってるじゃないか」と教えてくれた。

変わって、昨2015年のこと。ドイツのフランクフルトで、ポルシェファンのミーティングをのぞいた。

ボク個人的には「911」系よりも、「928」や「924」とその仲間たちが好きなので、早速そうしたファンが集まっている一角に足を向けた。
1992年型「968」のオーナーがいたので、その魅力を聞くと、「最後のトランスアクスル・ポルシェだからね」と切り出したあとに、「このポップアップライトが、かっこいいんだよ」と実物を指しながら熱く語ってくれた。

ご存じのとおり、リトラクタブルライトやポップアップライトは突起物ゆえ、空力的には不利となる。さまざまな技術が投入されて、軽量で薄型のヘッドライトが装着可能になった今日、その存在価値は皆無といえる。
しかし、ある年代の人たちにとって「飛び出すヘッドランプ」は、いまだ魅力的なのだ。

イタリアにおける「マツダMX-5」のミーティングにて。2004年撮影。
イタリアにおける「マツダMX-5」のミーティングにて。2004年撮影。
フランクフルトで2015年に行われたポルシェの愛好者ミーティングで。これは「ポルシェ968」とオーナー。「ポップアップライトもこのクルマの魅力だ」と語った。
フランクフルトで2015年に行われたポルシェの愛好者ミーティングで。これは「ポルシェ968」とオーナー。「ポップアップライトもこのクルマの魅力だ」と語った。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。