トヨタ、ランドクルーザーシリーズにトヨタ店の70周年を祝う特別仕様車

2016.08.29 自動車ニュース
「トヨタ・ランドクルーザーZX“G-FRONTIER”」
「トヨタ・ランドクルーザーZX“G-FRONTIER”」

トヨタ自動車は2016年8月29日、SUV「ランドクルーザー」「ランドクルーザープラド」に特別仕様車「G-FRONTIER」を設定し、販売を開始した。

「ランドクルーザーZX“G-FRONTIER”」のインストゥルメントパネルまわり。
「ランドクルーザーZX“G-FRONTIER”」のインストゥルメントパネルまわり。
「ランドクルーザーZX“G-FRONTIER”」のシート。
「ランドクルーザーZX“G-FRONTIER”」のシート。
「ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ディーゼル車)
「ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ディーゼル車)」
「ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ディーゼル車)」のインストゥルメントパネルまわり。
「ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ディーゼル車)」のインストゥルメントパネルまわり。
「ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ディーゼル車)」のシート。
「ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ディーゼル車)」のシート。

■特別装備で内外装をコーディネート

今回の特別仕様車は、トヨタの販売チャンネルのひとつであるトヨタ店の創立70周年を記念して設定されたモデルである。トヨタ店はトヨタの販売店の中でも最も歴史が古く1946年に設立されている。

ベースとなるモデルはランドクルーザーの「ZX」、およびランドクルーザープラドの「TX」(ガソリン車)、「TX“Lパッケージ”」(ディーゼル車)で、ともに内外装に特別装備が採用されている。

各モデルの特別装備と価格は以下の通り。

【ランドクルーザー】
外装色:ブラックほか全8色
内装色:ブラック
特別装備:285/50R20タイヤ+20×8 1/2Jアルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)/専用ルーフレール(クロームメッキ+シルバー塗装)/プレミアムナッパ本革シート表皮(キルティングステッチ加工)

価格
・ランドクルーザーZX“G-FRONTIER”:723万6000円

【ランドクルーザープラド】
外装色:ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン(特別設定色)ほか全6色
内装色:ブラック
特別装備:265/60R18タイヤ+18×7 1/2Jアルミホイール(スーパークロームメタリック塗装)/専用ツートーンルーフレール(シルバー×ブラック)/本革シート表皮(ステッチ付き・レッドウッド)/ランドクルーザープラド“Lパッケージ”装備(TX ガソリン車のみ)

価格
・ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ガソリン車):403万7040円
・ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ディーゼル車):477万5760円

(webCG)
 

関連キーワード:
ランドクルーザーランドクルーザープラドトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記 元祖アドベンチャーバイクこと「スズキDR800」。その直系の子孫にあたる「スズキVストローム」シリーズに、250ccクラスの末弟「Vストローム250」が登場した。“怪鳥”の血を引く軽快な最新モデルのキャラクターを、ひとことで表すと……?
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【レビュー】 2017.11.6 試乗記 トヨタの本格オフローダー「ランドクルーザープラド」がマイナーチェンジ。ただしその変化は、モデルライフ半ばの化粧直しだけにあらず。試乗してみると、走りにもランクルらしい改良の成果が表れていた。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記