ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)

ニッポンの道がつくったカングー 2016.09.02 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?

フランス人女性開発者の采配

今から3カ月ほど前、ここで紹介するルノー・カングーの「ターボEDC(エフィシエント・デュアル・クラッチ)」の先行取材のためにフランスに出掛けた。そこで印象的だった出来事のひとつに、トランスミッションのプロダクトマネジャーの取材があった。

まず驚いたのは、マネジャーが女性だったことだ。日本の自動車メーカーでも最近は開発部門に女性が多くなってきたけれど、デザインやユーティリティー関係が中心だ。トランスミッションというコテコテのエンジニアリングのまとめ役が女性とは思わなかった。でもこれが欧州基準なのだろう。

気を静めて話を伺っていくと、そこで2つめの想定外が押し寄せた。カングーへのEDC投入は、日本市場が大きく関係しているというのだ。

日本は販売台数の大部分が2ペダルという特殊なマーケット。その中でカングーの販売台数は増えつつあった。それだけに販売の主力が1.6リッター自然吸気エンジンと4段のトルコンATという、ひと世代前のパワートレインであることが気になりはじめた。欧州ではカングーに自動変速機を求める声は少ないが、グローバル視点では伸びが期待できそうでもあり、EDC採用が決定した。

といってもデータだけを頼りに決めたわけではない。彼女はアライアンスパートナーである日産の開発部門で数年間仕事をしており、自ら日本の道をドライブしてもいた。その経験がEDCに結び付いているというのだ。

こうした経歴を持つのは彼女だけではない。フランスにいるルノーの開発担当者と話をすると、日本滞在経験を持つ人が多いことに驚かされる。欧米ブランドで最も知日家が多いブランドのひとつではないだろうか。

でもこのときは、ターボEDCに乗ることはかなわなかった。理由は簡単。最初の生産分が日本向けで、フランスにはクルマがなかったからである。多くの輸入車は、欧米で売っている車種を日本に最適化して販売しているけれど、カングー・ターボEDCの場合は違う。日本のために開発したものを他国でも売るという、特異なポジションにいる車種なのだ。

「ルノー・カングー ゼンEDC」は日本に向けて開発されたモデル。
「ルノー・カングー ゼンEDC」は日本に向けて開発されたモデル。
内外装の仕様は、既存の「ゼン6MT」や「ゼンAT」からの変更はない。
 
内外装の仕様は、既存の「ゼン6MT」や「ゼンAT」からの変更はない。
	 
ライトグレーのアクセントが目を引く、個性的な3トーンのフロントシート。「ゼンEDC」には「ゼン6MT」と同じく、助手席に可倒機構が備わる。
 
ライトグレーのアクセントが目を引く、個性的な3トーンのフロントシート。「ゼンEDC」には「ゼン6MT」と同じく、助手席に可倒機構が備わる。
	 
リアシートは分割可倒式。3席は均等にスペースが振り分けられている。
リアシートは分割可倒式。3席は均等にスペースが振り分けられている。

「ルノー・カングー」は、欧州では主に商用車として活躍している。

 


	「ルノー・カングー」は、欧州では主に商用車として活躍している。

	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カングーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る