【スペック】全長×全幅×全高=4710×1795×1390mm/ホイールベース=2765mm/車重=1800kg/駆動方式=FR/6.2リッターV8DOHC32バルブ(487ps/6800rpm、61.2kgm/5000rpm)/価格=1085万円(テスト車=1252万円)

メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ(FR/7AT)【試乗記】

スポーツカーそのもの 2011.10.31 試乗記 メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ(FR/7AT)
……1252万円

500psに迫る強心臓をもつ“2ドアのCクラス”が日本上陸。その実力はいかほどのものなのか? ワインディングロードで試した。

快楽のパワートレイン

箱根山中のワインディングロード。コーナーに侵入し、ブレーキを残していると、クリッピングポイント手前でV8がひときわ吠えた。
おお、ここでダウンシフトしてくれるとは! 電光石火、正確無比。ダブルクラッチによる衝撃、いっさい皆無。下手の横好きのダブルクラッチとはダブルクラッチが違う。絶妙のタイミングでもって、レッドゾーンのはじまる7200rpm近くまで回転計のニードルが跳ね上がる。文字通り機械の正確さで完遂される、本物のダブルクラッチ。「AMGスピードシフトMCT 7スピード・スポーツ・トランスミッション」という長い名前のマシンがすなる芸術的自動演奏にほれぼれしながら、アクセルペダルをガバチョと踏み込む。

低燃費モードも備えるこのオートマチックギアボックスは、SまたはS+にすると、あっぱれなダブルクラッチによる自動ダウンシフトを披露し、レヴリミット手前での名人芸を見せるや、名機の誉れ高い自然吸気6.2リッターのメルセデスAMG製156型ユニットが完璧に調律された8本のシリンダーと管楽器たるエグゾーストによる打楽器系サウンドでもって、ドライバーを陶酔の境地へと誘う。野生の魂が呼び覚まされる。こいつはスゴい!

なぜ、こんなにすばらしいのか? ひとつにはこの個体がパフォーマンスパッケージであるためだろう。車両価格1085万円を支払える者なら、その1割以上に相当する125万円の高額オプションとはいえ、ゆめゆめこれを惜しんではならぬ。そもそもスゴい457psを30psばかり向上させることにどんな意味があるのか?
気持ちがイイのである。より大きな快楽に代償が伴うのは当然のことだ。しかしてこれは、自動車という現代アートに1000万円以上を投ずることができる現代の数奇者にとって、けっして高くはあるまい。

運転席まわりの様子。オプション「AMGカーボンインテリアトリム」付きのテスト車には、カーボンのインストゥルメントパネルやドアパネルが備わる。
運転席まわりの様子。オプション「AMGカーボンインテリアトリム」付きのテスト車には、カーボンのインストゥルメントパネルやドアパネルが備わる。
標準で457psを発生する6.2リッターV8エンジン。「パフォーマンスパッケージ」を選択すると「SLS AMG」と同じ鍛造ピストンやコンロッド、軽量クランクシャフトがあてがわれ、最大トルクはそのまま、最高出力は30ps増しの487psにアップする。
標準で457psを発生する6.2リッターV8エンジン。「パフォーマンスパッケージ」を選択すると「SLS AMG」と同じ鍛造ピストンやコンロッド、軽量クランクシャフトがあてがわれ、最大トルクはそのまま、最高出力は30ps増しの487psにアップする。
4本出しのマフラーエンドやバンパー下部のディフューザーは、セダンやワゴンの「C63 AMG」にも見られるディテールである。
4本出しのマフラーエンドやバンパー下部のディフューザーは、セダンやワゴンの「C63 AMG」にも見られるディテールである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――アストンマーティン・ヴァンキッシュ(後編) 2017.2.2 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす当企画。今回も引き続き「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」がテーマ。高い走行性能だけでなく、優雅なスタイリングを併せ持つヴァンキッシュの魅力を、同車と恋に落ちた谷口が力説する!
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る