高性能な「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」の限定車第2弾が登場

2016.08.30 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション」
「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション」 拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年8月29日、高性能ハッチバックモデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」の限定車「ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション」を発売した。

今回のゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディションは、ゴルフGTIの生誕40周年を記念して開発された「ゴルフGTIクラブスポーツ」のバリエーションモデル。2016年5月にデビューした「ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション」に続く、第2弾となる限定車である。

トラックエディションがサーキット走行を意識した仕様であったのに対し、ストリートエディションはユーティリティー性や快適性にも配慮されており、スマートエントリー&スタートシステム「Keyless Access」やナビゲーション付きインフォテインメントシステム“Discover Pro”が搭載される。

パワートレインはトラックエディションと共通。最高出力265ps/5350-6600rpm、最大トルク35.7kgm/1700-5300rpmを発生する2リッター直4ターボエンジンに、6段DSG(AT)が組み合わされる。さらに、一定の条件下において(ドライビングプロファイル機能でスポーツモードを選択しているかシフトモードが“S”の状態で、ギアが3速以上の場合)アクセルペダルを深く踏み込むと、約10秒間、最高出力が290ps、最大トルクが38.8kgmにまで引き上げられるブースト機能が備わる。

インテリアは、アルカンターラ巻きのステアリングホイールや、ファブリックとアルカンターラで仕立てられたスポーツシートなどを装備。標準のゴルフGTIよりもレーシーなイメージが演出されている。
エクステリアは、トラックエディションよりも1インチ小さな専用の18インチアルミホイールやハニカムフロントグリル、フロント&リアバンパー、リアスポイラーなどでドレスアップ。エンジンへの空気の吸気量や空力性能も向上しているという。

価格は449万9000円。ボディーカラーはディープブラックパールエフェクト(限定165台)とオリックホワイト マザーオブパールエフェクト(同185台)の2色がラインナップされる。

(webCG)

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCB1000R(MR/6MT)【レビュー】 2018.5.31 試乗記 スーパースポーツの心臓を持つ、走りのネイキッドモデル「ホンダCB1000R」。軽快なボディーと145psのエンジンが織り成す走りは見事だったが、リポーターはこのバイクに太鼓判を押さなかった。ホンダ最新の「ネオスポーツカフェ」に欠けていたものとは?
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に充実装備の特別仕様車 2018.6.8 自動車ニュース 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に、充実した装備が魅力の特別仕様車「ダイナミック」が登場した。MT仕様とDSG仕様の両方が用意されるが、前者については販売台数は100台のみ。またMTモデルのゴルフGTIはこれが最終仕様となる。
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る