高性能な「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」の限定車第2弾が登場

2016.08.30 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション」
「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション」

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年8月29日、高性能ハッチバックモデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」の限定車「ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション」を発売した。

 
高性能な「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」の限定車第2弾が登場の画像
 
高性能な「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」の限定車第2弾が登場の画像
 
高性能な「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」の限定車第2弾が登場の画像

今回のゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディションは、ゴルフGTIの生誕40周年を記念して開発された「ゴルフGTIクラブスポーツ」のバリエーションモデル。2016年5月にデビューした「ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション」に続く、第2弾となる限定車である。

トラックエディションがサーキット走行を意識した仕様であったのに対し、ストリートエディションはユーティリティー性や快適性にも配慮されており、スマートエントリー&スタートシステム「Keyless Access」やナビゲーション付きインフォテインメントシステム“Discover Pro”が搭載される。

パワートレインはトラックエディションと共通。最高出力265ps/5350-6600rpm、最大トルク35.7kgm/1700-5300rpmを発生する2リッター直4ターボエンジンに、6段DSG(AT)が組み合わされる。さらに、一定の条件下において(ドライビングプロファイル機能でスポーツモードを選択しているかシフトモードが“S”の状態で、ギアが3速以上の場合)アクセルペダルを深く踏み込むと、約10秒間、最高出力が290ps、最大トルクが38.8kgmにまで引き上げられるブースト機能が備わる。

インテリアは、アルカンターラ巻きのステアリングホイールや、ファブリックとアルカンターラで仕立てられたスポーツシートなどを装備。標準のゴルフGTIよりもレーシーなイメージが演出されている。
エクステリアは、トラックエディションよりも1インチ小さな専用の18インチアルミホイールやハニカムフロントグリル、フロント&リアバンパー、リアスポイラーなどでドレスアップ。エンジンへの空気の吸気量や空力性能も向上しているという。

価格は449万9000円。ボディーカラーはディープブラックパールエフェクト(限定165台)とオリックホワイト マザーオブパールエフェクト(同185台)の2色がラインナップされる。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
ホームへ戻る