三菱が既存9車種の燃費不正について損害を賠償

2016.08.30 自動車ニュース
「三菱アウトランダーPHEV」
「三菱アウトランダーPHEV」

三菱自動車は2016年8月30日、同社が現在販売している9車種を対象に、ユーザーに対して1台あたり3万円から10万円の損害賠償金を支払うと発表した。

「デリカD:5」
「デリカD:5」

これは国土交通省より、社内試験の走行抵抗の算出方法が不正であるとの指摘を受けたことに対応したもので、同社は燃料代の差額と自動車関連諸税の増額分について、ユーザーの損失を補償する。

対象車種と1台あたりの賠償金額は以下の通り。
・RVR:10万円
・デリカD:5(2WD ガソリン車):6万円
・デリカD:5(4WD ガソリン車):6万円
・デリカD:5(4WD クリーンディーゼル車):6万円
・ミラージュ:6万円
・パジェロ(ガソリン車):6万円
・アウトランダーPHEV:3万円
・i-MiEV(Xグレード):3万円
・ミニキャブMiEVトラック:3万円

対象となるのは2016年8月31日までに該当車種を使用していたユーザーで、支払いの具体的な手続きについてはダイレクトメールやホームページなどで伝えられる。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード (4WD/5AT)【試乗記】 2010.11.1 試乗記 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード (4WD/5AT)
    ……476万7000円

    「ポスト新長期規制」に適合するクリーンディーゼルエンジンを手に入れた「三菱パジェロ」。名実ともにパワーアップした旗艦モデルをオンロードで試した。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 三菱パジェロ クリーンディーゼルシリーズ【試乗速報】 2010.9.6 試乗記 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード(4WD/5AT)/ロング エクシード(4WD/5AT)/ショート VR-II(4WD/5AT)
    ……487万2000円/440万4750円/384万3000円

    「三菱パジェロ」が新たにポスト新長期規制に適合したクリーンディーゼルエンジンを搭載した。環境性能だけでなく動力性能も同時に向上させた新型にオフロードコースで試乗し、ディーゼルのメリットを確かめた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
ホームへ戻る