三菱が既存9車種の燃費不正について損害を賠償

2016.08.30 自動車ニュース
「三菱アウトランダーPHEV」
「三菱アウトランダーPHEV」

三菱自動車は2016年8月30日、同社が現在販売している9車種を対象に、ユーザーに対して1台あたり3万円から10万円の損害賠償金を支払うと発表した。

「デリカD:5」
「デリカD:5」

これは国土交通省より、社内試験の走行抵抗の算出方法が不正であるとの指摘を受けたことに対応したもので、同社は燃料代の差額と自動車関連諸税の増額分について、ユーザーの損失を補償する。

対象車種と1台あたりの賠償金額は以下の通り。
・RVR:10万円
・デリカD:5(2WD ガソリン車):6万円
・デリカD:5(4WD ガソリン車):6万円
・デリカD:5(4WD クリーンディーゼル車):6万円
・ミラージュ:6万円
・パジェロ(ガソリン車):6万円
・アウトランダーPHEV:3万円
・i-MiEV(Xグレード):3万円
・ミニキャブMiEVトラック:3万円

対象となるのは2016年8月31日までに該当車種を使用していたユーザーで、支払いの具体的な手続きについてはダイレクトメールやホームページなどで伝えられる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RVRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード (4WD/5AT)【試乗記】 2010.11.1 試乗記 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード (4WD/5AT)
    ……476万7000円

    「ポスト新長期規制」に適合するクリーンディーゼルエンジンを手に入れた「三菱パジェロ」。名実ともにパワーアップした旗艦モデルをオンロードで試した。
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開 2017.4.7 自動車ニュース スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
ホームへ戻る