三菱が既存9車種の燃費不正について損害を賠償

2016.08.30 自動車ニュース
「三菱アウトランダーPHEV」
「三菱アウトランダーPHEV」

三菱自動車は2016年8月30日、同社が現在販売している9車種を対象に、ユーザーに対して1台あたり3万円から10万円の損害賠償金を支払うと発表した。

「デリカD:5」
「デリカD:5」

これは国土交通省より、社内試験の走行抵抗の算出方法が不正であるとの指摘を受けたことに対応したもので、同社は燃料代の差額と自動車関連諸税の増額分について、ユーザーの損失を補償する。

対象車種と1台あたりの賠償金額は以下の通り。
・RVR:10万円
・デリカD:5(2WD ガソリン車):6万円
・デリカD:5(4WD ガソリン車):6万円
・デリカD:5(4WD クリーンディーゼル車):6万円
・ミラージュ:6万円
・パジェロ(ガソリン車):6万円
・アウトランダーPHEV:3万円
・i-MiEV(Xグレード):3万円
・ミニキャブMiEVトラック:3万円

対象となるのは2016年8月31日までに該当車種を使用していたユーザーで、支払いの具体的な手続きについてはダイレクトメールやホームページなどで伝えられる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RVRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
ホームへ戻る