「トヨタ・プロボックス/サクシード」の安全性能が向上

2016.08.31 自動車ニュース
「トヨタ・プロボックス」
「トヨタ・プロボックス」

トヨタ自動車は2016年8月30日、一部仕様を変更した「プロボックス」と「サクシード」を発売した。

「プロボックス」のリアビュー。
「プロボックス」のリアビュー。
「サクシード」
「サクシード」

今回、商用バンとして初搭載となるプリクラッシュセーフティーシステムと、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームをセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を標準装備。さらに、コンライトやイルミネーテッドエントリーシステムを全車標準装備とすることで、利便性も向上させた。

1.5リッターのFF車には、アイドリングストップ機能(スタート&ストップシステム)を搭載。19.6km/リッターのJC08モード走行燃費を実現した。

ラインナップと価格は以下の通り。

【プロボックス】
・DX(1.3リッター/FF車):138万0240円
・DX(1.5リッター/FF車):155万6280円
・DX(1.5リッター/4WD車):171万5040円
・DXコンフォート(1.3リッター/FF車):141万6960円
・DXコンフォート(1.5リッター/FF車):159万3000円
・DXコンフォート(1.5リッター/4WD車):175万1760円
・GL(1.3リッター/FF車):148万8240円
・GL(1.5リッター/FF車):166万4280円
・GL(1.5リッター/4WD車):182万3040円
・F(1.5リッター/FF車):170万2080円
・F(1.5リッター/4WD車):186万0840円

【サクシード】
・U(1.5リッター/FF車):155万6280円
・U(1.5リッター/4WD車):171万5040円
・UL(1.5リッター/FF車):159万3000円
・UL(1.5リッター/4WD車):175万1760円
・UL-X(1.5リッター/FF車):166万4280円
・UL-X(1.5リッター/4WD車):182万3040円
・TX(1.5リッター/FF車):170万2080円
・TX(1.5リッター/4WD車):186万0840円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・サクシードUL(FF/CVT)/プロボックスGL(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.29 試乗記 顧客から高い支持を集めるビジネスバン「プロボックス/サクシード」が、デビューから12年にして初の大幅なマイナーチェンジ。徹底的な利便性の追求と、進化した走りに、トヨタの底力を見た。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る