トヨタが新型軽乗用車「ピクシス ジョイ」を発売

2016.08.31 自動車ニュース
「トヨタ・ピクシス ジョイ」
「トヨタ・ピクシス ジョイ」

トヨタ自動車は2016年8月31日、新型軽乗用車「ピクシス ジョイ」を発売した。

「ピクシス ジョイC G“SA II”」
「ピクシス ジョイC G“SA II”」
「ピクシス ジョイC G“SA II”」のリアビュー。
「ピクシス ジョイC G“SA II”」のリアビュー。

トヨタのピクシス ジョイは、トヨタがダイハツからOEM供給を受けて販売する軽乗用車で、2015年秋に発売された「ダイハツ・キャスト」の姉妹モデルにあたる。
最大の特徴は、キャストと同様に3タイプのバリエーションを用意していることで、クロスオーバータイプの「ピクシス ジョイC」、ファッショナブルな「ピクシス ジョイF」、スポーティーな「ピクシス ジョイS」がラインナップされる。

各モデルの特徴と価格は、以下の通り。

【ピクシス ジョイC】
樹脂のガーニッシュや大径タイヤを採用することで、クロスオーバー車を思わせるエクステリアを追求。ピクシス ジョイF/ピクシス ジョイS比で30mm高い180mmの最低地上高が確保されており、雪道や山道での高い走破性をセリングポイントとする。
・C X:122万0400円
・C X“SA II”:128万5200円
・C G“SA II”:141万4800円
・C Gターボ“SA II”:151万7400円
(※FF車の価格。4WD車は上記の12万9600円高)

「ピクシス ジョイF G“SA II”」
「ピクシス ジョイF G“SA II”」

【ピクシス ジョイF】
バンパーモールやサイドロッカーモールなどにメッキ加飾を施し、洗練されたエクステリアを演出。シート表皮には滑らかな触り心地のスエード調フルファブリックを採用し、上質な乗り心地が追求されている。
・F X:122万0400円
・F X“SA II”:128万5200円
・F G“SA II”:141万4800円
・F Gターボ“SA II”:151万7400円
(※FF車の価格。4WD車は上記の12万4200円高)

「ピクシス ジョイS “SA II”」
「ピクシス ジョイS “SA II”」

【ピクシス ジョイS】
バンパーなどの専用エアロパーツに加え、内外装には赤いアクセントカラーを採用することでスポーティーさを強調。さらに、スポーティーサスペンション(FF車)やMOMO製革巻きステアリングホイール(7段マニュアルモード/パドルシフト付き)なども装備する。
・S “SA II”:162万円
(※FF車の価格。4WD車は上記の12万4200円高)

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。