第17戦インドGP「ベッテルの複雑な気持ち」【F1 2011 続報】

2011.10.31 自動車ニュース
最初のインドGPのポディウムにのぼった面々。今季11勝目をマークしたチャンピオン、セバスチャン・ベッテル(右から2番目)と彼の所属するレッドブルからチーフ・テクニカル・オフィサーのエイドリアン・ニューウェイ(その左)、2位に入ったジェンソン・バトン(一番左)、そして3位フェルナンド・アロンソ(一番右)。(Photo=Red Bull Racing)
第17戦インドGP「ベッテルの複雑な気持ち」【F1 2011 続報】

【F1 2011 続報】第17戦インドGP「ベッテルの複雑な気持ち」

2011年10月30日、インドはニューデリー近郊に新設されたブッダ・インターナショナル・サーキットで行われたF1世界選手権第17戦インドGP。大国での初開催GPは、セバスチャン・ベッテルが今シーズンを象徴するかのようなパーフェクトウィンを達成したが、レース後「複雑な気持ち」と心境を吐露した。

今年9回目のポール・トゥ・ウィンでインドGP初代ウィナーとなったベッテル。さらにファステストラップを記録、全周回をリードする完勝だった。ベッテルは1992年にナイジェル・マンセルが打ち立てた、1シーズンの最多リードラップ数記録を塗り替えた。(Photo=Red Bull Racing)
第17戦インドGP「ベッテルの複雑な気持ち」【F1 2011 続報】

■インドとF1

日本では東京オリンピックがそうであったように、世界規模のスポーティングイベントは、これから経済発展をしていく国にとって、世界に名を知らしめる象徴的な出来事となる。年々存在感を増す「BRICs」(ブラジル、ロシア、インド、中国)諸国も同様で、オリンピックなら中国(2008年夏季)を筆頭に、ロシア(2014年冬季)、ブラジル(2016年夏季)、サッカーワールドカップならブラジル(2014年)、ロシア(2018年)と、これらの国で開催が予定される大会は多い。

このなかで、世界第2位の人口を誇る大国インドでは、これまでビッグイベントと呼べるものが開かれてこなかった。ゆえにF1開催は、12億の民を抱えるこの国には極めてシンボリックな“事件”。おカネへの嗅覚(きゅうかく)が世界一鋭い(?)ひとり、F1のコマーシャル面を牛耳るバーニー・エクレストンのお眼鏡にかなったのだ。

初開催となるインドGPの舞台は、首都ニューデリー近郊に造られたブッダ・インターナショナル・サーキット。近年の新コースのほとんどを手がけてきたヘルマン・ティルケのデザインは、広いランオフエリア、長い直線の前にトリッキーなターン、後に鋭いターンを置きオーバーテイクポイントとするところなど、他のティルケ・コース同様の特徴がみてとれる。

予選で5位に沈んだものの、スタートダッシュで2位にジャンプアップしたジェンソン・バトンのマクラーレン。しかしレース後、「チームとしてパーフェクトな仕事をしたけど、これ以上はできなかった」と認めざるを得ないほど、ベッテルにしてやられた。引き続きドライバーズチャンピオンシップ2位の座を守っている。(Photo=McLaren)
第17戦インドGP「ベッテルの複雑な気持ち」【F1 2011 続報】

インドといえば、先んじてGPサーカスに加わったのがフォースインディアだ。1991年にジョーダンGPとしてデビューしたチームは、2006年にミッドランド、翌年スパイカーと名前を変えながら、インドの実業家ビジェイ・マリヤが参画し「フォースインディア」として再出発した。
当初はテールエンダーに甘んじていたものの、マクラーレンと技術提携を結んだことが転機となった。ドライブトレインを強豪チームから供給してもらい、エンジンをメルセデスにすることで、開発の軸足を空力に置くことが可能となり、この小さな体のチームは高効率な体制へとシフトした。

そして2009年のベルギーGPでは、ジャンカルロ・フィジケラがポールポジションを獲得し、2位でフィニッシュするほど大躍進。今年もミッドフィールダーとして激しい競争のなかに身を置いており、いわゆるトップ3以下では、メルセデス、ルノーに次ぐコンストラクターズチャンピオンシップ6位という好位置につけている。

2005年にGPデビューを果たしたナレイン・カーティケヤンは、初のインド人F1レギュラードライバー。一時GPを離れていたが、今年はHRTから参戦している。そしてカルン・チャンドックもロータスの第3ドライバーとして、母国レースでのスポット参戦を夢見ていたが、チームはコンストラクターズチャンピオンシップ10位を維持するため、それを見送った。

インドとF1の関係ははじまったばかり。ダスティな路面も未整備のインフラもコースを横切る犬も、問題はまだあるが、12億人が生きるインドは、さまざまな面でポテンシャルを十分に秘めている。F1、ひいては自動車その他産業界は、この広大で未開拓で魅力的な市場へ、熱烈なラブコールを送っている。

ミハエル・シューマッハー(写真)は、11番グリッドからスタート。レース中はチームメイトのニコ・ロズベルグに鼻面を抑えられていたが、最後のピットストップを遅らせることでロズベルグの前に出ることに成功。メルセデスは5-6位でレースを終えた。(Photo=Mercedes)
第17戦インドGP「ベッテルの複雑な気持ち」【F1 2011 続報】

■ベッテル、記録タイまであと1つ

土曜日の予選では、セバスチャン・ベッテルが今季13回目のポールポジションを獲得した。この数は、1992年にチャンピオンとなったナイジェル・マンセルが打ち立てた、年間最多ポールポジションに1つ足らないだけ。残り2戦で、ベッテルのレコードブックにさらなる記録が刻まれるかもしれない。

予選2位にはルイス・ハミルトンがつけたものの、金曜日のフリー走行でイエローフラッグ中にスピードを出し過ぎたことによる3グリッド降格が決まっており、3番手タイムのマーク・ウェバーが昇格、レッドブルがフロントローを独占した。

明けて決勝日、スタートでトップのベッテルの背後についたのが、予選で5位に沈んでいたジェンソン・バトンだった。一番厄介になりかねない相手が2位にあがったのだが、ベッテルは今年の勝ちパターン、つまり早々に後続がDRSを利用できない1秒以上のリードタイムを築きはじめてしまう。
オープニングラップで既に1.3秒リード、そしてファステストラップを連発し、6周もすると4.5秒までマージンは開いた。いっぽうバトンは、3位マーク・ウェバーが並びかけるなど防戦しなければならず、これがベッテルに加勢した。

今年未勝利のウェバーは、シーズンを通じてピレリタイヤの使い方に難儀している。インドでは、レース序盤と終盤に一瞬キラリと光る走りをみせたものの、トップ2台から遅れ、さらには後ろを走っていたアロンソにも2度目のピットストップで抜かれ、4位でレースを終えることになる。

トロロッソはここでも好調さを堅持。予選ではQ3まで駒を進めセバスチャン・ブエミ9位、ハイミ・アルグエルスアリ(写真)10位。決勝ではアルグエルスアリが8位でゴールし、2戦連続のポイント獲得となった。これでトロロッソはザウバーと並ぶ41点でコンストラクターズチャンピオンシップ8位、既に照準は51点で6位につけるフォースインディアに合わせられている?(Photo=Toro Rosso)
第17戦インドGP「ベッテルの複雑な気持ち」【F1 2011 続報】

■マッサとハミルトン、5度目の小競り合い

ベッテルは、20周目の最初のピットストップで2位バトンとの差が3.1秒に縮まっても動じず、最速タイムを叩き出しながら徐々にギャップを拡大していった。

ベッテル、バトン、ウェバー、アロンソと続き、5位争いを繰り広げていたのがフェリッペ・マッサとハミルトン。今年既に4回も小競り合いのあった因縁の2人が、24周目、またも接触の憂き目にあう。
前を走るマッサに、ストレートでハミルトンが追いついた。一瞬、ホイール・トゥ・ホイールの並走状態となったが、マッサは誰もいないかようなターンインを仕掛け、ハミルトンは行き場を失った。2台はヒットし、マクラーレンはフロントノーズを壊し緊急ピットイン、フェラーリは5位のまま周回を続けることができた。

母国開催で期待が寄せられたフォースインディアは、エイドリアン・スーティル(写真)が予選8位と健闘するものの、レースではトロロッソのアルグエルスアリに先を越され9位完走。激しい中団チームによるポジション争いのなか、引き続き6位の座を守っている。(Photo=Force India)
第17戦インドGP「ベッテルの複雑な気持ち」【F1 2011 続報】

今回はマッサに非があるとスチュワードは判断し、フェラーリにドライブスルーペナルティーを科した。その後マッサは、予選で自分がおかしたミステイクを再度しでかし、縁石にマシンをしたたかに打ち付け、サスペンションを壊しリタイアした。

レース後、ハミルトンは「マッサは(接触を避けるための)スペースをあけなかった」とし、マッサは「僕は前にいたし、ブレーキを彼(ハミルトン)より遅らせたし、グリップするラインにいた。ターンをはじめた時も彼を見なかった。なぜ自分にペナルティーがくだされたか理解できない」と、反対の立場をとった。

この接触の責任が誰にあるにせよ、この2人の関係がよろしくないことは事実のようである。

今年何度も接触し「因縁の仲」となっているフェリッペ・マッサ(写真前)とルイス・ハミルトン(後ろ)。今回もレース中盤の5位争い中に、前を行くマッサと、抜きにかかろうとしたハミルトンがあたり、ハミルトンはノーズを交換するはめに。マクラーレンは7位でレースを終えたが、マッサのフェラーリは、予選でクラッシュした時と同様に縁石にマシンをヒットさせリタイアとなった。(Photo=Ferrari)
第17戦インドGP「ベッテルの複雑な気持ち」【F1 2011 続報】

■モータースポーツ界を覆った「複雑な気持ち」

ベッテルは常に十分なマージンを保ったまま、今年11回目の優勝をポール・トゥ・ウィンで飾った。しかも60周すべてをリードし、さらにファイナルラップで(お遊びともとれる)ファステストラップを記録する、まさにパーフェクトウィンだった。

しかし、表彰台でもインタビュールームでも、浮かない顔をしていた。「正直、ちょっと複雑な気持ちなんだ」と口を開いたチャンピオン。「いっぽうでは(勝てて)とてもうれしいし、(インドGPの)最初のウィナーになったことを誇りに思っているのだけど、でもこの2週間を振り返ると、われわれは2人の仲間を失ったんだ」。

2人とは、10月16日にラスベガスでのインディカーレースで事故死したダン・ウェルドンと、同23日のマレーシアでのモトGPで亡くなったマルコ・シモンチェリのことだった。
モータースポーツは危険と隣り合わせの競技、ということは誰もが心得ていることだが、立て続けに起こった不慮の事故に、ベッテルのみならず、ドライバー、チーム関係者らがこの「気持ち」を共有していた。

2011年シーズンも残るは2戦。次戦は11月13日、トワイライトレース、アブダビGPとなる。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。