「谷口信輝の新車試乗」――BMW i3(後編)

2016.09.01 mobileCG

「谷口信輝の新車試乗」――BMW i3(後編)

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「BMW i3」に試乗する。“次世代プレミアム”をうたう電気自動車(EV)の意欲作に興味津々の谷口。従来の物差しでは測りきれないEVの走りを、谷口はどう表現するのだろうか。

■“モーターブレーキ”でフロント荷重を補う

「アクセルを離しただけで結構な減速Gが立ち上がりますよね」
i3がスロットルオフ時に強い回生ブレーキを利かせ、フットブレーキを使わなくとも十分な制動力が得られることのメリットについて谷口が説明を始めた。

「あれのおかげで、コーナー進入時にアクセルを離すと自動的に前輪に荷重がのって、安心してコーナーに入っていけるんですよ。アクセルを離して、エンジンブレーキによって生じるわずかなフロント荷重でコーナーに飛び込むのは、レーシングドライバーなら平気です。でも、一般の方だと少しブレーキペダルを触り、フロント荷重をドライバーが作らないと、コーナーに入るのが怖いのではないでしょうか。その点、i3はアクセルを離した時の“エンジンブレーキ”が強いので、安心感があっていいですよね」

ここで谷口はi3のフロントに回り込み、ボンネットを開けてみた。なかには少しばかりの荷物スペースがあったものの、当然のことながらエンジンは見当たらない。
「そうか、ここになにも入っていないんだよね」

なるほど、モーターはリアに搭載されているほか、高圧バッテリーは床下の低い部分に広く敷き詰めるようにして並べられているので、フロントにあまり重いモノを積んでいないのは事実である。

「だからフロント荷重が不足気味になるけれど、あのアクセルの設定でちゃんと荷重がかかるようになっている。うまい考え方ですよね」

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
i3BMW電気自動車(EV)

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る