「谷口信輝の新車試乗」――BMW i3(後編)

2016.09.01 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW i3(後編)の画像

「谷口信輝の新車試乗」――BMW i3(後編)

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「BMW i3」に試乗する。“次世代プレミアム”をうたう電気自動車(EV)の意欲作に興味津々の谷口。従来の物差しでは測りきれないEVの走りを、谷口はどう表現するのだろうか。

 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW i3(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW i3(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW i3(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW i3(後編)の画像

■“モーターブレーキ”でフロント荷重を補う

「アクセルを離しただけで結構な減速Gが立ち上がりますよね」
i3がスロットルオフ時に強い回生ブレーキを利かせ、フットブレーキを使わなくとも十分な制動力が得られることのメリットについて谷口が説明を始めた。

「あれのおかげで、コーナー進入時にアクセルを離すと自動的に前輪に荷重がのって、安心してコーナーに入っていけるんですよ。アクセルを離して、エンジンブレーキによって生じるわずかなフロント荷重でコーナーに飛び込むのは、レーシングドライバーなら平気です。でも、一般の方だと少しブレーキペダルを触り、フロント荷重をドライバーが作らないと、コーナーに入るのが怖いのではないでしょうか。その点、i3はアクセルを離した時の“エンジンブレーキ”が強いので、安心感があっていいですよね」

ここで谷口はi3のフロントに回り込み、ボンネットを開けてみた。なかには少しばかりの荷物スペースがあったものの、当然のことながらエンジンは見当たらない。
「そうか、ここになにも入っていないんだよね」

なるほど、モーターはリアに搭載されているほか、高圧バッテリーは床下の低い部分に広く敷き詰めるようにして並べられているので、フロントにあまり重いモノを積んでいないのは事実である。

「だからフロント荷重が不足気味になるけれど、あのアクセルの設定でちゃんと荷重がかかるようになっている。うまい考え方ですよね」

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連キーワード:
i3BMW

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • 「BMW i3」がマイナーチェンジで新デザインに 2018.1.15 自動車ニュース BMWジャパンは2018年1月15日、電気自動車「BMW i3」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日販売を開始した。今回は主にエクステリアデザインの変更を行った。
  • フォルクスワーゲンe-ゴルフ(FF)【試乗記】 2018.1.10 試乗記 100%電気自動車の「フォルクスワーゲンe-ゴルフ」に試乗。“Cセグメントのベンチマーク”とも評される「ゴルフ」は、電動化によっていかなるクルマへと変化したのか。約250kmの試乗を通じて得られた、リポーターの結論とは!?
ホームへ戻る