「谷口信輝の新車試乗」――BMW i3(後編)

2016.09.01 mobileCG
 

「谷口信輝の新車試乗」――BMW i3(後編)

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「BMW i3」に試乗する。“次世代プレミアム”をうたう電気自動車(EV)の意欲作に興味津々の谷口。従来の物差しでは測りきれないEVの走りを、谷口はどう表現するのだろうか。

 
 
 
 

■“モーターブレーキ”でフロント荷重を補う

「アクセルを離しただけで結構な減速Gが立ち上がりますよね」
i3がスロットルオフ時に強い回生ブレーキを利かせ、フットブレーキを使わなくとも十分な制動力が得られることのメリットについて谷口が説明を始めた。

「あれのおかげで、コーナー進入時にアクセルを離すと自動的に前輪に荷重がのって、安心してコーナーに入っていけるんですよ。アクセルを離して、エンジンブレーキによって生じるわずかなフロント荷重でコーナーに飛び込むのは、レーシングドライバーなら平気です。でも、一般の方だと少しブレーキペダルを触り、フロント荷重をドライバーが作らないと、コーナーに入るのが怖いのではないでしょうか。その点、i3はアクセルを離した時の“エンジンブレーキ”が強いので、安心感があっていいですよね」

ここで谷口はi3のフロントに回り込み、ボンネットを開けてみた。なかには少しばかりの荷物スペースがあったものの、当然のことながらエンジンは見当たらない。
「そうか、ここになにも入っていないんだよね」

なるほど、モーターはリアに搭載されているほか、高圧バッテリーは床下の低い部分に広く敷き詰めるようにして並べられているので、フロントにあまり重いモノを積んでいないのは事実である。

「だからフロント荷重が不足気味になるけれど、あのアクセルの設定でちゃんと荷重がかかるようになっている。うまい考え方ですよね」

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

i3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW i3 レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2014.5.13 試乗記 走り、デザイン、生産技術など、さまざまな分野でこれまでのクルマとは一線を画す「BMW i3」。BMWが提案する未来のクルマの、今日における実用性を試した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW i3(前編) 2016.8.25 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「BMW i3」。“駆けぬける歓び”の未来形を提案するプレミアムEVを、谷口はどう評価するのだろうか。
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • BMWが「i3」を一部改良、走行可能距離が390kmに 2016.9.27 自動車ニュース BMWが電気自動車「i3」を一部改良。リチウムイオンバッテリーの改良により、従来モデルより70%長い390kmの一充電走行可能距離を実現した。発電用エンジンを備えたレンジ・エクステンダー装備車では、511kmの距離を無給油、無充電で走れるという。
ホームへ戻る