マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)

どんどん良くなっていく 2016.09.05 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。

拡大する“スポーツシリーズ”のラインナップ

今回の540Cに加えて「570S」や「570GT」と、ここ1年ほどで登場したマクラーレンのカタログモデルは“スポーツシリーズ”でくくられる。

スポーツシリーズとは、車名のとおり、最高出力500ps台のエンジンを積む。価格はもっとも安い540Cで2188万円、もっとも高い570GTで2750万円。スポーツシリーズとはつまり、“500ps台で2000万円台のマクラーレン”である。これに合わせて、既存の「650S」は600ps台後半で3000万円台の“スーパーシリーズ”と呼ばれるようになった。

このマクラーレン新ラインナップを、ほかのスーパーカーブランドに照らしてみる。
スーパーシリーズ(=650S)の性能や価格帯は、フェラーリでいうと「488」系のV8ミドシップモデル(670psで3000万円台前半)とガチンコで、さらにその上の12気筒モデルとの競合も視野に入れるレベルにある。それにしても、20年前の「F355」の新車価格が2000万円以下だったことを考えると、あらためて最近のV8フェラーリの価格設定は強気だ。
ランボルギーニとの比較では、650Sの動力性能は12気筒の「アヴェンタドール」に肉薄するが、4000万円を軽く超えるアヴェンタドールよりはハッキリと割安である。

“500ps級で2000万円台”というスポーツシリーズに正面から競合するのは、フェラーリでは「カリフォルニアT」、ランボルギーニでは「ウラカン」である。つまり、スーパーカーとしては手ごろなミドルクラスということだ。ただ、このクラスになると「ポルシェ911ターボ」や同「GT3」、「アウディR8」、さらに「ホンダNSX」など、量産ブランドのハイエンドスーパースポーツカーたちも競合に名乗りをあげてくる。

2015年4月の上海ショーで世界初公開された「マクラーレン540Cクーペ」。日本では同年6月にお披露目された。
2015年4月の上海ショーで世界初公開された「マクラーレン540Cクーペ」。日本では同年6月にお披露目された。

「540Cクーペ」のインテリア。シートやダッシュボード、ドアトリムなどはいずれもレザーで仕立てられている。


	「540Cクーペ」のインテリア。シートやダッシュボード、ドアトリムなどはいずれもレザーで仕立てられている。
リアビューの特徴のひとつである、フローティング式のピラー。リアウィンドウの後方に空気を導くことでダウンフォースを最適化し、エンジンの冷却効率を高める効果があるという。
リアビューの特徴のひとつである、フローティング式のピラー。リアウィンドウの後方に空気を導くことでダウンフォースを最適化し、エンジンの冷却効率を高める効果があるという。
リアデッキに装着された「McLaren」のバッジ。「スピードマーク」と呼ばれるブーメランのような赤いマークが添えられる。
リアデッキに装着された「McLaren」のバッジ。「スピードマーク」と呼ばれるブーメランのような赤いマークが添えられる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(後編) 2016.8.11 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「マクラーレン570Sクーペ」に試乗。レーシングドライバー視点で570Sクーペを語る。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット搭載のスーパースポーツは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(前編) 2016.8.4 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「マクラーレン570Sクーペ」。570psのスーパースポーツカーに、谷口が果敢に挑む!
ホームへ戻る