アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)

いまが食べどき 2016.09.06 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。

いまミトに注目するワケ

クルマとの生活を楽しくしたいなら、いまミトに乗るのはいい選択かもしれない。8年も前の2008年に登場したハッチバックにそんなことを思うなんて、「え~!?」っと低いトーンで反論されてしまいそうだが、試乗を終えるころ、筆者は本当にそう思っていた。今回はそれがなぜなのかを、しっかり分析して報告しよう。

まずは少しだけおさらいをすると、ミトはフィアットの「グランデプント」とプラットフォームを共用したアルファ・ロメオのBセグメントカー。その名は「ミラノでデザインされ、トリノで作られた」から「Milano e Torino」、すなわちMiTo(ミト)になった。

余談だが、筆者はこのグランデプントのホットモデル「アバルト・グランデプント」が大好きだった。もっと詳しくいえば、おっとり顔をした初期モデルの方である。たしかキミ・ライコネンがF1に嫌気がさして、ラリーに転向したころ、これのWRカーに乗っていた。

初期のアバルト・グランデプントは、そのイメージとは裏腹に足まわりがとてもしなやかで、プレミアムコンパクトのはしりといえる味付けだった。だからコーナリングスタビリティーは高く保ちながらも、普段の乗り心地は快適。なおかつ見た目は派手過ぎずスタイリッシュで、しかも日本では少数派だったから、街中でもセンスよく目立った。もちろんパワーもそこそこ以上で、とにかくオシャレで楽しかったのである。

この傑作アバルト・グランデプントに対して、アルファ・ロメオはミトの存在を際立たせる必要があったのだと思う。しかし当時のアルファ・ロメオは、動力性能面で一番わかりやすいキャラクターだった直列4気筒ツインスパークを失ったばかりであり、あの「ローン!」とむせび泣く自然吸気エンジンが、ターボへとスイッチしたその落差が大きすぎて、がっかりさせられたのを筆者は覚えている。

またサスペンションもアバルト・グランデプントより少しスポーティー方向に振ったつもりだったのだろうが、残念ながら明確に差別化するまでには至らなかった。むしろ、ちょっと乗り心地の悪さが目立ってしまっていたと記憶している。

現在の「ミト」のラインナップは「コンペティツィオーネ」のみ。車両価格は330万4800円。
現在の「ミト」のラインナップは「コンペティツィオーネ」のみ。車両価格は330万4800円。
ハンドル位置は右のみ。ポルトローナ・フラウのレザーシートが標準で装備される。試乗車のシートカラーは「ナチュラル」。
ハンドル位置は右のみ。ポルトローナ・フラウのレザーシートが標準で装備される。試乗車のシートカラーは「ナチュラル」。
1.4リッターのマルチエア・ターボユニットは135psと19.4kgm(Dynamic選択時は23.5kgm)を発生する。
1.4リッターのマルチエア・ターボユニットは135psと19.4kgm(Dynamic選択時は23.5kgm)を発生する。
ボディーカラーは「ビアンコスピノ ホワイト」。その他、「アルファレッド」「ブラック」「トルネード ブルー」の全4色が用意される。
ボディーカラーは「ビアンコスピノ ホワイト」。その他、「アルファレッド」「ブラック」「トルネード ブルー」の全4色が用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る