アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)

いまが食べどき 2016.09.06 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。

いまミトに注目するワケ

クルマとの生活を楽しくしたいなら、いまミトに乗るのはいい選択かもしれない。8年も前の2008年に登場したハッチバックにそんなことを思うなんて、「え~!?」っと低いトーンで反論されてしまいそうだが、試乗を終えるころ、筆者は本当にそう思っていた。今回はそれがなぜなのかを、しっかり分析して報告しよう。

まずは少しだけおさらいをすると、ミトはフィアットの「グランデプント」とプラットフォームを共用したアルファ・ロメオのBセグメントカー。その名は「ミラノでデザインされ、トリノで作られた」から「Milano e Torino」、すなわちMiTo(ミト)になった。

余談だが、筆者はこのグランデプントのホットモデル「アバルト・グランデプント」が大好きだった。もっと詳しくいえば、おっとり顔をした初期モデルの方である。たしかキミ・ライコネンがF1に嫌気がさして、ラリーに転向したころ、これのWRカーに乗っていた。

初期のアバルト・グランデプントは、そのイメージとは裏腹に足まわりがとてもしなやかで、プレミアムコンパクトのはしりといえる味付けだった。だからコーナリングスタビリティーは高く保ちながらも、普段の乗り心地は快適。なおかつ見た目は派手過ぎずスタイリッシュで、しかも日本では少数派だったから、街中でもセンスよく目立った。もちろんパワーもそこそこ以上で、とにかくオシャレで楽しかったのである。

この傑作アバルト・グランデプントに対して、アルファ・ロメオはミトの存在を際立たせる必要があったのだと思う。しかし当時のアルファ・ロメオは、動力性能面で一番わかりやすいキャラクターだった直列4気筒ツインスパークを失ったばかりであり、あの「ローン!」とむせび泣く自然吸気エンジンが、ターボへとスイッチしたその落差が大きすぎて、がっかりさせられたのを筆者は覚えている。

またサスペンションもアバルト・グランデプントより少しスポーティー方向に振ったつもりだったのだろうが、残念ながら明確に差別化するまでには至らなかった。むしろ、ちょっと乗り心地の悪さが目立ってしまっていたと記憶している。

現在の「ミト」のラインナップは「コンペティツィオーネ」のみ。車両価格は330万4800円。
現在の「ミト」のラインナップは「コンペティツィオーネ」のみ。車両価格は330万4800円。
ハンドル位置は右のみ。ポルトローナ・フラウのレザーシートが標準で装備される。試乗車のシートカラーは「ナチュラル」。
ハンドル位置は右のみ。ポルトローナ・フラウのレザーシートが標準で装備される。試乗車のシートカラーは「ナチュラル」。
1.4リッターのマルチエア・ターボユニットは135psと19.4kgm(Dynamic選択時は23.5kgm)を発生する。
1.4リッターのマルチエア・ターボユニットは135psと19.4kgm(Dynamic選択時は23.5kgm)を発生する。
ボディーカラーは「ビアンコスピノ ホワイト」。その他、「アルファレッド」「ブラック」「トルネード ブルー」の全4色が用意される。
ボディーカラーは「ビアンコスピノ ホワイト」。その他、「アルファレッド」「ブラック」「トルネード ブルー」の全4色が用意される。
関連記事
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
ホームへ戻る