「キャデラックATS」と「CTS」に白が特徴の特別仕様車

2016.09.02 自動車ニュース
「キャデラックATSセダン ホワイトエディション」
「キャデラックATSセダン ホワイトエディション」

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2016年9月1日、「キャデラックATSセダン/クーペ」および「CTSセダン」に特別仕様車「ホワイトエディション」を設定し、9月3日に発売すると発表した。

「ATSクーペ ホワイトエディション」
「ATSクーペ ホワイトエディション」
「ATSセダン ホワイトエディション」のインストゥルメントパネルまわり。
「ATSセダン ホワイトエディション」のインストゥルメントパネルまわり。
「CTSセダン ホワイトエディション」
「CTSセダン ホワイトエディション」
「CTSセダン ホワイトエディション」のシート。
「CTSセダン ホワイトエディション」のシート。

今回の特別仕様車は3モデル合わせて20台のみが販売される限定モデルで、ボディーカラーには通常は有償オプションとなる「クリスタルホワイトトゥリコート」を採用。インテリアには、カタログモデルには設定のないカラーやトリムの組み合わせを用いている。

各モデルの仕様は以下の通り。

【ATSセダン/クーペ】
ボディーカラー:クリスタルホワイトトゥリコート
インテリアカラー:ライトプラチナム&ジェットブラックアクセント、ハイグロスサペリウッドトリム
その他の特別装備:電動サンルーフ、ETC2.0車載器

【CTSセダン】
ボディーカラー:クリスタルホワイトトゥリコート
インテリアカラー:コナブラウン&ジェットブラックアクセント、エルムナチュラルウッドトリム
その他の特別装備:ETC2.0車載器

価格はATSセダンが585万円、ATSクーペが595万円、CTSセダンが800万円。販売台数はATSセダンが10台、その他の2モデルがそれぞれ5台ずつとなっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
CTSセダンATSセダンATSクーペキャデラック自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • キャデラックATS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.13 試乗記 470psの3.6リッターV6ツインターボエンジンを搭載するコンパクトキャデラック、「ATS-V」に試乗。キャディとてSUVが人気のこの時代、ど真ん中のセダンで勝負するこのコンパクトモンスターは、とびきり男前な一台といえるかもしれない。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
ホームへ戻る