マツダ・アクセラスポーツ15XD Lパッケージ(FF/6AT)

地味だけれど革新的 2016.09.07 試乗記 マイナーチェンジを機にラインナップに加えられた、「マツダ・アクセラスポーツ」の1.5リッターディーゼルモデルに試乗。新たなパワーユニットがもたらす走行性能や、走りの質を向上させるという新技術の効果についてリポートする。

燃料噴射制御で「静かなクルマ」に

お題は「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」と「G-ベクタリング コントロール」である。どちらも一筋縄ではいかないシロモノだ。確実に性能を向上させるテクノロジーだが、派手さがない。エンジンの出力が爆発的に上がったり、先進的な安全技術が飛躍的な発展を遂げたりすれば書くことはいくらでもある。目に見えにくい地味な改良は、記事にするには厄介なのだ。

マツダ・アクセラは、2016年7月にマイナーチェンジを受けた。これまで2.2リッターだけだったディーゼルエンジンに、1.5リッターが加わったことが最も大きな変更点である。2.2リッターモデルはガソリンエンジンモデルとの価格差が100万円近くあり、ハイブリッドモデルよりも高い。販売数は限定的だったが、これでアクセラもディーゼルが主流になると思われる。

1.5リッターディーゼルエンジンは「デミオ」と「CX-3」に使われていて、昨年末の改良で「ナチュラル・サウンド・スムーザー」が装備されるようになっていた。簡単に言えば、ディーゼル特有のガラガラ音を抑制する装置である。音の原因がピストン付近の共振であることを突き止め、ピストンピンの穴の中に重りを付けたダンパーを仕込んで制振装置の役割を持たせようとした。その結果、共振レベルが最も高かった3.6kHz付近の振動が約半分になったという。

防音材を使うのではなく、不快な音を元から絶とうというわけだ。考え方として正しいし、細かいところもないがしろにしない姿勢が素晴らしい。素直に感心するのだが、これで満足しないのがエンジニアという生き物だ。3.6kHz以外にも1.3kHz、1.7kHz、2.5kHz付近でノック音が発生していることに気づいてしまった。原因はエンジン加振力と構造系共振のピークが重なって増幅していることだと判明。燃料噴射タイミングを0.1ミリ秒単位で制御し、エンジン加振力を構造系共振と逆位相にすることで音を抑えたのだそうだ。これがナチュラル・サウンド・周波数コントロールである。

2013年10月にセダンとハッチバックの2タイプでデビューした、現行型「マツダ・アクセラ」。2016年7月に、そのマイナーチェンジ版が発売された。
「運転を楽しみながらも情報を逃さないこと」にこだわったというコックピット。「15XD Lパッケージ」には、カラー表示のヘッドアップディスプレイが備わる。
従来2.2リッターのみだったディーゼル車は、1.5リッターユニット(写真)を加えることで選択肢が広がった。ともに、静粛性を高めつつ、心地よいエンジンサウンドを追求したという。
マイナーチェンジを機に小変更が施されたフロントまわり。グリル下側のめっきリムがより太くなり、エンブレムの位置も変更された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクセラスポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る