第7回 新人は整形ブス

2016.09.06 エッセイ

2580万円で“女子アナとの結婚”を決意!

ヒストリック・フェラーリよりも、火を吹く中トロの如きモダン・フェラーリに惹かれ、4年前に10台目のフェラーリとして「458イタリア」を購入したお子ちゃまな私だが、思えば遠くへ来たものだ。

なにせ458イタリアだ。定価2830万円。お高いおクルマでした。

2010年の登場時、あまりにも美しいそのボディーラインと、あまりにも異次元なその走りに心底ひれ伏し、「2000万円を切ったら絶対買ってやる!」と、「大金持ちになって女子アナと結婚してやる!」みたいな男の野望をたぎらせた私だったが、2000万円を切るまで待てず、2012年に2580万円払って嫁にした。当時は周囲から「非富裕層として恐らく世界初の偉業」と称えられた。なんせ2580万円ですから。

そんなお高いおクルマ、いったいどうやって買ったのかと申しますと、実は私、2010年に「カウンタック アニバーサリー」を1500万円で買っておりまして、それを半年後にワインレッドの「512TR」に買い替えたんですがそのお値段が1000万円、「カウンタック」の下取りが1400万円だったので400万円余りました。んで458を買う際512TRの下取りが900万円、余ってた400万円プラス貯金から280万円下ろして680万円差し出し、残り1000万円はローンという寸法です。

2580万円で手に入れた「458イタリア」の前で、ヨロコビのジャンプをキメる筆者。(写真=池之平昌信)
2580万円で手に入れた「458イタリア」の前で、ヨロコビのジャンプをキメる筆者。(写真=池之平昌信)
1500万円で購入した「カウンタック 25thアニバーサリー」。豪華自宅ガレージのシャッターとの隙間は約2cmである。
1500万円で購入した「カウンタック 25thアニバーサリー」。豪華自宅ガレージのシャッターとの隙間は約2cmである。

ワインレッドが美しい「512TR」は1000万円也。(写真=池之平昌信)


	ワインレッドが美しい「512TR」は1000万円也。(写真=池之平昌信)

筆者が長年通いつめているスーパーカー専門店「コーナーストーンズ」代表の榎本修氏(通称:エノテン)。「カウンタック」から「512TR」に乗り換えることで、エノテンから400万円が戻ってきた。


	筆者が長年通いつめているスーパーカー専門店「コーナーストーンズ」代表の榎本修氏(通称:エノテン)。「カウンタック」から「512TR」に乗り換えることで、エノテンから400万円が戻ってきた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本唯一の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算44台、うち10台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。