「ポルシェ・マカン」に新たなトップパフォーマンスモデルが登場

2016.09.02 自動車ニュース
「ポルシェ・マカン ターボ パフォーマンス」
「ポルシェ・マカン ターボ パフォーマンス」

独ポルシェは2016年9月1日、コンパクトSUV「マカン」のモデルラインナップに、新たな最上位モデルとなる「マカン ターボ パフォーマンス」を追加すると発表した。

 
「ポルシェ・マカン」に新たなトップパフォーマンスモデルが登場の画像
 
「ポルシェ・マカン」に新たなトップパフォーマンスモデルが登場の画像
 
「ポルシェ・マカン」に新たなトップパフォーマンスモデルが登場の画像

マカン ターボ パフォーマンスは、「マカン ターボ」をベースにエンジン、ブレーキシステム、シャシーなどが強化された、ポルシェ・マカンのトップパフォーマンスモデルである。

今回、マカン ターボにも搭載されている3.6リッターV型6気筒ツインターボエンジンに、さらなるチューニングが施され、最高出力440ps(マカン ターボ比40ps増加)、最大トルク61.2kgm(同5.1kgm増加)/1500-4500rpmを実現。0-100km/h加速は4.4秒(同0.2秒減少)、最高速度は272km/h(同6km/h増加)を誇る。燃費(NEDC)は9.4~9.7リッター/100km(約10.3~10.6km/リッター)と公表されている。

マカン ターボ パフォーマンスには、新開発のブレーキシステムも搭載されており、フロントのブレーキディスク径はマカン ターボから30mm拡大された390mmとなるほか、赤い塗装が施された対向6ポットのキャリパーが装備される。

そのほか、「PASM」(電子制御式可変減衰ダンパー)や「スポーツクロノ・パッケージ」、「スポーツエグゾーストシステム」など、走りに関する装備が標準装備となっている。

なお、日本市場への導入予定や価格は未定。

(webCG)

関連キーワード:
マカンポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2015.12.23 試乗記 「ポルシェ・マカン」のスポーティーグレード「マカンGTS」に試乗。「マカンS」をベースに、よりパワフルなエンジンと鍛え上げられた足まわりが与えられたGTSの走りは、“SUVのピュアスポーツカー”と呼べるものだった。
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)/マカンS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.2.2 試乗記 2リッター直4ターボ搭載の「マカン」と3リッターV6ツインターボの「マカンS」。ポルシェの最新SUV2台を乗り比べ、その実力を検証した。
  • ポルシェ・マカン 2016.4.28 A Life with PORSCHE MACAN<PR> ポルシェのコンパクトSUV「マカン」。手ごろなボディーサイズで人気だが、2リッター直4ターボエンジンを搭載するエントリーグレードは639万円という比較的リーズナブルな価格も魅力だ。あらためて同モデルに試乗することで、その価値について考えてみた。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラールSE(P380)(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.20 試乗記 「スポーツ」や「イヴォーク」に次ぐ新たなレンジローバーファミリーとして生まれた、ラグジュアリーSUV「レンジローバー ヴェラール」。優美なスタイリングに秘められた走りの質を、3リッターV6ガソリンモデルで吟味した。
  • ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA III”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.18 試乗記 この夏、現行モデルとなってから初のマイナーチェンジを受けた「ダイハツ・ムーヴ」。軽量・高剛性のボディー構造をいち早く採用し、走りを含む“基本性能のレベルアップ”をうたって登場したその実力は今も健在か? 最上級モデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る