トヨタ・プリウスPHV 開発者インタビュー

唯一無二のThe PHV 2016.09.04 試乗記 トヨタ自動車
製品企画本部
ZF チーフエンジニア
豊島浩二(とよしま こうじ)さん

トヨタのプラグインハイブリッド車「プリウスPHV」がフルモデルチェンジ。2代目となる新たなエコカーに込められた思いとは? 発売を前に、開発責任者に話を聞いた。

初代の欠点はわかっていた

豊島浩二さんには、2015年の11月にもお話を聞いた。トヨタの次世代を担う技術「Toyota New Global Architecture」(TNGA)を初採用した4代目「プリウス」(プロトタイプ)の試乗会が行われ、驚異的な燃費とスポーティーな走りを実現したモデルについて語ってもらったのだ。自信にあふれていたが、「今回はあくまで1号車で、完成形ではありません」とも話していた。「プリウスPHV」が完成形なのだろうか。

「プリウスの3代目から4代目は“変化”、プリウスPHVは“進化”」だと言っています。燃料電池車(FCV)の「ミライ」も含めた環境3兄弟の中で、次世代の柱はPHVになると考えています。ミライはインフラの壁がありますから、まだ急速には普及しない。PHVは今のインフラで大丈夫なんです。ハイブリッドは変化したことで普通のクルマとして選んでもらえるものになりました。これで一段落だと思っています。2代目PHVは、プリウスがどちらの方向に行こうとしているのかがわかるモデルになりましたから、これでプリウスが完結したと言えます。

――4代目プリウスの時は、3代目のここがダメということをはっきり言っていましたね。今回は……。

初代PHVのダメな点も明確に言えますよ(笑)。1つ目は、ハイブリッドのプリウスとの違いが見えなかったこと。PHVのほうが高いんですが、パッと見てわからないというのは日本人的には絶対ダメなんです。外観も内装も上級だということがはっきりわかることを意識しました。

4代目の「プリウス」や燃料電池車の「ミライ」と同時進行で開発された、2代目「プリウスPHV」。2016年3月のニューヨーク国際オートショーでデビューした。
4代目の「プリウス」や燃料電池車の「ミライ」と同時進行で開発された、2代目「プリウスPHV」。2016年3月のニューヨーク国際オートショーでデビューした。
「プリウスPHV」のパワーユニット。「プリウス」のものと同じ1.8リッターのガソリンエンジンに、電気モーターが組み合わされる。
「プリウスPHV」のパワーユニット。「プリウス」のものと同じ1.8リッターのガソリンエンジンに、電気モーターが組み合わされる。
<プロフィール>
1985年入社。「カローラ」の設計室で17年間ボディー設計に携わる。2001年に「レクサスLS」の製品企画室に異動し「LS460」と「LS600h」を担当。その後、欧州向け商用車や3代目「プリウス」、「プリウスPHV」、4代目プリウスの開発責任者を務めた。
<プロフィール>
	1985年入社。「カローラ」の設計室で17年間ボディー設計に携わる。2001年に「レクサスLS」の製品企画室に異動し「LS460」と「LS600h」を担当。その後、欧州向け商用車や3代目「プリウス」、「プリウスPHV」、4代目プリウスの開発責任者を務めた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスPHVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • トヨタ・プリウスPHV(FF/CVT)【試乗記】 2016.8.27 試乗記 国内での発売が待たれる新型「プリウスPHV」に、サーキットで試乗。トヨタがハイブリッド車につぐ「次世代環境車の柱」と位置づける、プラグインハイブリッド車の乗り心地や使い勝手を報告する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る