「レンジローバー イヴォーク」の2017年モデルが受注開始

2016.09.02 自動車ニュース

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年9月2日、コンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」の2017年モデルの受注を開始した。

レンジローバー イヴォークの2017年モデルでは、装備が充実。ペダル操作をせずとも一定の速度(1.8~30km/h)で車両を前進・後退させ続ける「オールテレイン・プログレス・コントロール・システム(ATPC)」や、10.2インチタッチスクリーンを持つインフォテインメントシステム「インコントロールタッチプロ」を標準装備としている。

また、ボディーカラーのラインナップに「シリコン・シルバー」「ファラロン・ブラック」「カルパチアン・グレイ」「アルバ」を追加し、全17色展開とした。外観をより引き立てる「グラファイトデザインパック」も、「HSEダイナミック」と「オートバイオグラフィー」向けに用意されている。

ラインナップと価格は以下の通り。

・レンジローバー イヴォークSE:502万円
・レンジローバー イヴォークSEプラス:608万円
・レンジローバー イヴォークHSE:662万円
・レンジローバー イヴォークHSEダイナミック:706万円
・レンジローバー イヴォーク オートバイオグラフィー:832万円
・レンジローバー イヴォーク クーペHSEダイナミック:717万5000円

(webCG)

 

「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」(2017年モデル)
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」(2017年モデル)
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • ランドローバー・ディスカバリーHSEラグジュアリー(ディーゼル)(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2017.8.16 試乗記 新型「ランドローバー・ディスカバリー」のディーゼルモデルに試乗。500kmにもおよぶ孤独な(?)ロングドライブで、その動力性能や快適性、経済性などについて真剣に考えた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
ホームへ戻る