【スペック】全長×全幅×全高=4275×1810×1535mm/ホイールベース=2610mm/車重=1360kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=309万円(テスト車=同じ)

シトロエンDS4シック(FF/6AT)【試乗記】

どこまでも個性的 2011.10.30 試乗記 シトロエンDS4シック(FF/6AT)
……309万円

2011年9月に発売された、シトロエンの新顔「DS4」。DSシリーズの第2弾は、個性的な見た目同様、乗り味もキャラが立っていた。

デザイナー・スペシャル

「DS3」に続く新たなDSシリーズが、「DS4」である。歴史的シトロエンの名を取ったDSとは“different spirit”の略とされるが、「DS3」や「DS5」(日本未上陸)をシリーズとして見通して、ぼくは勝手に“デザイナー・スペシャル”と解釈している。つまり、「C4」をベースに、シトロエンのデザイナーがさらにいっそう腕によりをかけたのがDS4である。「ゴルフ真っ向勝負」という路線を鮮明にしたやに思える新型C4は、シトロエンにしてはわりと保守的なデザインだ。それだけに、猫背の5ドアクーペ風ボディは魅力的に見える。

スポーツモデルのくせに、というか、四駆でもないのに、C4より最低地上高を25mm上げた。全高も45mm高い。全長は55mmカットされたが、ファットなフェンダーフレアのために全幅は20mm広がって1810mmに達する。異星から来たラリーカーみたいな迫力がある。

デザイナー労組要求貫徹のシトロエンだから、リアシートや荷室の空間はC4より多少狭くなった。いちばんびっくりしたのは、後席の窓ガラスが“はめ殺し”であること。サッシュを延長してガラスの後端を延ばしたため、開けようにも開けられなくなった。このクラスでも、最近のヨーロッパはエアコン装着率が上がったのだろうか。

「C4ピカソ」や「C3」と同じく、フロントガラスが天井まで大きく伸びているのはうれしい。前席は上空まで見えて、採光は抜群だ。10月初旬、朝5時半から走り出しても、DS4の室内はすっかり夜が明けていた。晴天の昼は直射日光がキツイので、前後スライド式の大きなサンバイザーが付く。

「DS4」のコクピット。
「DS4」のコクピット。
ウィンドウの前後長がドアよりも長い! このように窓を開けるのが物理的に不可能なデザインを採り入れるあたりが、デザインにこだわるシトロエンらしいところ。
ウィンドウの前後長がドアよりも長い! このように窓を開けるのが物理的に不可能なデザインを採り入れるあたりが、デザインにこだわるシトロエンらしいところ。
「DS4」の特徴のひとつが、「パノラミックフロントウィンドウ」。「スライディングサンバイザー」を動かすことで、ガラスエリアの大きさを変化させられる。
「DS4」の特徴のひとつが、「パノラミックフロントウィンドウ」。「スライディングサンバイザー」を動かすことで、ガラスエリアの大きさを変化させられる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC3/C3 WRCコンセプト/CXPERIENCE 2016.9.29 画像・写真 グループPSAはパリモーターショー2016で、新型「シトロエンC3」や2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」、次世代サルーンのデザインコンセプト「CXPERIENCE」ほかを公開する。その姿を画像で紹介。
  • シトロエンC3 2016.6.30 画像・写真 仏シトロエンが新型「C3」の概要を発表した。外観はAセグメントの「C1」やクロスオーバー車の「C4カクタス」に通じるデザインで、ドアパネルにはポリウレタン製のエアクッションを装着できる。個性的なルックスの新型「C3」を写真で紹介する。
  • パリモーターショー2016の会場から(その1) 2016.9.30 画像・写真 2016年9月29日に開幕したパリモーターショー2016。シトロエンは、新型「C3」を世界初公開したほか、2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」や注目のコンセプトカー「CXPERIENCE」などを公開した。同社のブースの様子を画像で紹介する。
  • 個性的デザインの「シトロエンC4カクタス」発売 2016.10.4 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年10月4日、シトロエンのクロスオーバーモデル「C4カクタス」を発売した。200台限定となる。個性的なデザインが特徴で、欧州では2015年にデビューし、ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞している。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る