【F1 2016 速報】第14戦イタリアGP、ロズベルグ2連勝で2点差に

2016.09.04 自動車ニュース

F1世界選手権第14戦イタリアGP決勝が、2016年9月4日、イタリアのモンツァ・サーキット(5.793km)を53周して行われた。

予選ではチームメイトのルイス・ハミルトンに完膚なきまでにやられたメルセデスのニコ・ロズベルグだったが、最大のライバルがレースでスタートに失敗するとトップの座が転がり込んできた。前戦ベルギーを制したロズベルグは2連勝、今季7勝目、通算21勝目をあげ、チャンピオンシップでも首位ハミルトンに2点差と迫った。

そのハミルトンは2位。スタートでつまずき6位に落ちたが、メルセデスの優位性を生かしロズベルグとともに1ストップで走り切り、2位まで挽回した。

3位にはフェラーリのセバスチャン・ベッテルが入った。地元イタリアでパワーユニットを改善してきたスクーデリアは、7月の第9戦オーストリアGP以来となる表彰台にのぼった。

キミ・ライコネンが4位に入りフェラーリは3-4フィニッシュ。レッドブル・タグ・ホイヤーのダニエル・リカルドは持ち前のキレのあるオーバーテイクで5位の座を奪った。ウィリアムズ・メルセデスはバルテリ・ボッタスが6位、今季限りで引退することを発表したフェリッペ・マッサは9位入賞を果たした。レッドブルのマックス・フェルスタッペンは予選順位と同じ7位でゴール。フォースインディア・メルセデスはセルジオ・ペレス8位、ニコ・ヒュルケンベルグは10位でレースを終えた。

以下、11位ロメ・グロジャン(ハース・フェラーリ)、12位ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)、13位エステバン・グティエレス(ハース)、14位フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)、15位カルロス・サインツJr.(トロロッソ・フェラーリ)、16位マーカス・エリクソン(ザウバー・フェラーリ)、17位ケビン・マグヌッセン(ルノー)、18位エステバン・オコン(マノー・メルセデス)が完走した。

ドライバーズチャンピオンシップ1位のハミルトンは250点、2位ロズベルグは248点とタイトルを争う2人が接近。3位リカルドは161点、4位ベッテル143点、5位ライコネン136点と続く。
コンストラクターズチャンピオンシップは1位メルセデス498点、2位レッドブル290点、3位フェラーリ279点ときて、前戦5位に落ちたウィリアムズが111点で4位に復帰、フォースインディアは108点で5位に落ちた。

(文=bg)

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。