第363回:ユニークな技術で雪道に臨む
東洋ゴムのスタッドレスタイヤを試す

2016.09.07 エッセイ

トーヨータイヤのスタッドレスタイヤ「OBSERVE GARIT GIZ(オブザーブ・ガリットギズ)」。


	トーヨータイヤのスタッドレスタイヤ「OBSERVE GARIT GIZ(オブザーブ・ガリットギズ)」。

トーヨータイヤが、北海道・佐呂間(さろま)のテストコースでスタッドレスタイヤの試走会を開催。コンパウンドにクルミの殻を配合するなど、ユニークな技術で冬の道に臨む、同社製品の実力を試した。

テストコースに並べられた試乗用の車両。ボディータイプはセダン、ワゴン、コンパクト、駆動方式はFF、FR、4WDと、バラエティー豊かな車種が用意されていた。
テストコースに並べられた試乗用の車両。ボディータイプはセダン、ワゴン、コンパクト、駆動方式はFF、FR、4WDと、バラエティー豊かな車種が用意されていた。
「オブザーブ・ガリットギズ」の登場は2014年8月。今年で3シーズン目を迎える商品だ。
「オブザーブ・ガリットギズ」の登場は2014年8月。今年で3シーズン目を迎える商品だ。

会場となったのは東洋ゴム工業のサロマテストコース。東京ドーム5個分ほどの敷地に、約3kmのコースが敷かれている。


	会場となったのは東洋ゴム工業のサロマテストコース。東京ドーム5個分ほどの敷地に、約3kmのコースが敷かれている。

今年もスタッドレスタイヤの商戦シーズンが到来

まだまだ厳しい残暑が続いている地域もあるというのに、話題は早くも“冬物”一辺倒――それはファッション業界ではなく、タイヤ業界でのハナシ。北の大地では、もう10月になれば“履き替え”のタイミング。それゆえ、そろそろ商戦真っ盛りとなるのが冬用タイヤである。

今年デビューしたばかりというニューモデルが次々姿を現す中で、実は「今度の冬で3シーズン目」となるのが、ここに紹介するトーヨータイヤのアイテム。そんなモデルに再びスポットライトを当てた試走会が、北海道の自社テストコースにて開催された。

モデルライフ半ばのタイミングでこうしたイベントが開催されたのは、再びのプロモーション効果を狙ったものであることは当然ながら、「ライバルメーカーの最新作にもまだまだ決して負けてはいない」という、自信の表れでもあるはずだ。

2014年8月に発売された、この「OBSERVE GARIT GIZ(オブザーブ・ガリットギズ)」の最後の「ギズ」という部分は、「グリップのG」「アイスのI」「究極をめざすZ」から作られた造語であるという。以前のモデルに対して、凍結路面でのブレーキングとコーナリング性能をさらに向上。高い安心性能を実現させるタイヤとして開発したことが、そうした命名の根拠にもなっているようだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ