ケーニグセグが世界限定3台の「アゲーラRSR」を発表

2016.09.05 自動車ニュース
「ケーニグセグ・アゲーラRSR」

ケーニグセグ・ジャパンは2016年9月5日、世界限定3台のスーパースポーツカー「アゲーラRSR」を発表した。すべて日本で販売されるという。

5リッターV8ツインターボエンジンは、1200psを生み出す。
特徴的な開き方をするラプタードア。
左から、ケーニグセグ・ジャパンの中村仁史セールスマネジャー、同社の藤巻秀平CEO、スウェーデンにあるケーニグセグ ・オートモーティヴのクリスチャン・フォン・ケーニグセグCEO。

アゲーラRSRは、25台のみが生産された「アゲーラRS」をベースに、さらなるチューニングが施されたスペシャルバージョン。わずか3台のみが生産され、そのすべてが日本市場でデリバリーされる。3台のうち2台はすでに売約済みとなっている。

自社開発の5リッターV8ツインターボエンジンは、最高出力1200psを発生し、最高速度は約425km/hに達する。気になる価格は2億6000万円(税別)からと、こちらもまたスペシャルなものとなっている。

エクステリアで目を引くのは、まずは巨大なリアスポイラー。ルーフから伸びたその形状は、強力なダウンフォースを生み出すという。また、ケーニグセグの特徴のひとつであるラプタードアは、前方に90度回転して、地面に対して垂直で停止するようになっている。

都内のホテルで開催された発表会には、本社のクリスチャン・フォン・ケーニグセグCEOも出席し、「われわれは日本をとても重要な市場と考えている。こういったスーパースポーツカーに対する深い理解があるからだ」と語った。

これまで日本では、ケーニグセグ車は代理店が販売してきた。しかし、すでに日本法人であるケーニグセグ・ジャパンが設立されており、今後は日本に正規販売店を展開する予定という。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。