第466回:イタリアのスーパーで三菱のクルマが景品になってるぞ!!

2016.09.09 エッセイ

ツナ缶買って「イプシロン」をもらおう

筆者が中学生だった1982年、日産で新型車の車名募集があった。その前年の1981年に東京モーターショーで公開された、1000ccの小型車「NX-018」に名前をつけてください、という企画だった。
特賞として、その市販版がもらえるという。1000ccにひっかけて「千尋(チヒロ)」とか「千太(センタ)」とか、奇抜なアイデアばかりハガキにしたためて何枚も応募した。

結果発表の当日は、在京民放局で日産提供の特別番組が組まれた。ボクは家のテレビの前に正座し、進行を見守った。結局のところそのクルマは、ボクがまったく思いつかなかった「マーチ」という名になった。
それでも、車名を考えているときは「免許もないのに当たっちゃったら、どうしよう!?」などと、本気で心配をしたものだ。

そして、いまでもイタリアでマーチ(イタリアでは「ミクラ」)を目撃するたび、「あれはマーチではない!」と心の中で叫ぶ自分がいる。

クルマが当たる懸賞といえば、イタリアに住み始めた1990年代後半、こちらでは、「リオマーレ」というツナ缶で「『ランチア・イプシロン』(初代)が当たる」というキャンペーンが繰り広げられていた。黄色いヒレをもつキハダマグロにかけて、景品のイプシロンはイエローであった。

当時街中には、この黄色いランチアがよく走っていた。実際はカタログカラーのひとつであったのだが、見かけるたびボクは「ツナ缶で当たったの?」と運転席をのぞいてしまったものだ。今もツナ缶は商品としてしっかり残っており、スーパーで見るたび「黄色いランチア」を思い出す。

初代「日産マーチ」(1982年)。マーチの名は一般公募で決まった。
初代「日産マーチ」(1982年)。マーチの名は一般公募で決まった。
2016年9月現在、イタリアのリサイクルショップチェーン「イル・メルカティーノ」が展開しているキャンペーン。特賞の電気自動車「ルノー・トゥイジー」で、エコな雰囲気を盛り上げる。
2016年9月現在、イタリアのリサイクルショップチェーン「イル・メルカティーノ」が展開しているキャンペーン。特賞の電気自動車「ルノー・トゥイジー」で、エコな雰囲気を盛り上げる。
残念ながら、景品になっていたイエローの車両の画像ではないが、2代目「ランチア・イプシロン」。
残念ながら、景品になっていたイエローの車両の画像ではないが、2代目「ランチア・イプシロン」。
ドイツ系ディスカウントスーパー「リデル」の新聞告知。賞品は「BMW 1シリーズ」である。
ドイツ系ディスカウントスーパー「リデル」の新聞告知。賞品は「BMW 1シリーズ」である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。