フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)

最も魅力的な跳ね馬 2016.09.09 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ、「488」シリーズに「スパイダー」モデルが加わった。空を味方につけたミドシップフェラーリの実力やいかに? 東京を抜け出し、一路箱根のワインディングロードを目指した。

我慢いらずのスパイダー

これまでに乗ったことのあるフェラーリの中で一番乗りやすく、高性能なのはもとより日常生活も楽しいフェラーリ、それは「488GTB」だ。振り返れば「458イタリア」の時代からすでに今のレベルに達していたと思う。低速で流れている実用速度の街中でもまったく気難しさはなく、とにかく全方位すべてのレスポンスに優れ、敏感で繊細な感覚があり、自分の意のままになるフェラーリとして最上の仕上がりと感じられた。今回試乗したのはそのスパイダーモデルであり、より快適方向に居住空間が拡大された。

かのフィオラバンティが考案した回転式開閉ルーフ「レヴォクロミコ」によく似た構造のオープントップは実にシンプルだ。電動作動でエンジンルーム上部にコンパクトに格納され、外観を見ただけではリトラクタブルトップの存在すらうかがうことができない。試乗当日は突然の雨があり、そのまま少しの区間を走り続けざるを得なかったが、空力特性がいいのか雨水が室内に侵入する気配はまったくなかった。そして安全な路肩を見つけ、停車する寸前からスイッチを押すと14秒ほどでクローズドボディーに変身。多少動いていても作動するし(45km/h以下ならOK)、速度が速いとスイッチは入らない。この辺はあうんの呼吸をよく心得ている。

488シリーズの日常性の高さを味わってしまうと、以前のV8フェラーリは何らかの覚悟がいったことを思い出す。外見のカッコ良さでは、「308/328」系や「360モデナ」なども決して引けをとらない。しかし毎日の普段走りに使うには覚悟しなければならなかった。涼しい顔で走っているように見せる裏には苦労(?)もあったのだ。

新色のブルーコルサに身を包んだ「488スパイダー」に試乗。車両価格は3450万円。
新色のブルーコルサに身を包んだ「488スパイダー」に試乗。車両価格は3450万円。
インパネのデザインは「488GTB」に準じる。試乗車にはカーボンのインパネトリムや白いレブカウンターなどのオプションが装着され、スポーティーな雰囲気が強調されている。
インパネのデザインは「488GTB」に準じる。試乗車にはカーボンのインパネトリムや白いレブカウンターなどのオプションが装着され、スポーティーな雰囲気が強調されている。
ルーフの開閉はセンターコンソールにあるスイッチで行う。
ルーフの開閉はセンターコンソールにあるスイッチで行う。
ハードトップの開閉に要する時間はそれぞれ14秒。ルーフは「458スパイダー」と同様に2ピース構造を採る。
ハードトップの開閉に要する時間はそれぞれ14秒。ルーフは「458スパイダー」と同様に2ピース構造を採る。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

488スパイダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る