「フォルクスワーゲン・パサート」に2リッターターボの「Rライン」登場

2016.09.06 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・パサート 2.0TSI Rライン」
「フォルクスワーゲン・パサート 2.0TSI Rライン」

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年9月6日、ミドルサイズセダン「パサート」と、ステーションワゴン「パサートヴァリアント」に、2リッターターボエンジンを搭載した「2.0TSI Rライン」を設定し、販売を開始した。

 
「フォルクスワーゲン・パサート」に2リッターターボの「Rライン」登場の画像

パサート/パサートヴァリアントにはこれまでもスポーティーな内外装を特徴とする「Rライン」が存在したが、エンジンはベースグレードと同様の1.4リッターターボがそのまま搭載されていた。今回、「ゴルフGTI」と同じ2リッターターボエンジンに置き換えられたことで、中身の伴ったスポーティーグレードへと進化した。最高出力、最大トルクともに、ゴルフGTIと同じ220ps/35.7kgmを発生する。そのほかアダプティブシャシーコントロール“DCC”も標準装備される。

価格は以下の通り。
・パサート 2.0TSI Rライン:499万9000円
・パサートヴァリアント 2.0TSI Rライン:519万9000円

(webCG)

関連キーワード:
パサートパサートヴァリアントフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.15 試乗記 長年にわたって代を重ねてきた、トヨタのFFセダン「カムリ」。「前例のない変革」を掲げて開発された新型は、どんなクルマに仕上がったのか。最上級グレード「G“レザーパッケージ”」に試乗して確かめた。
  • 第1回 新グレード「TSIエレガンスライン」を試す 2016.11.22 最新Passatの進化を探る<PR> 装備が見直されるとともに、ラインナップが改められたフォルクスワーゲンのセダン「パサート」に試乗。新グレード「TSIエレガンスライン」をメインに、その仕上がりを詳しく報告する。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSI Rライン/パサートTSIハイライン【試乗記】 2015.7.16 試乗記 通算で8代目となる新型「フォルクスワーゲン・パサート/パサートヴァリアント」に試乗。全方位的に進化して、実用性やクオリティーが一段と高まったというミドルサイズ“ワーゲン”のゴキゲン具合やいかに? 試乗会からの第一報。
  • フォルクスワーゲン・パサートTSIハイライン(FF/6MT)【海外試乗記】 2014.10.24 試乗記
  • 【東京モーターショー2017】フォルクスワーゲン、「パサート」のディーゼル... 2017.10.11 自動車ニュース