「フォルクスワーゲン・パサート」に2リッターターボの「Rライン」登場

2016.09.06 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・パサート 2.0TSI Rライン」
「フォルクスワーゲン・パサート 2.0TSI Rライン」 拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年9月6日、ミドルサイズセダン「パサート」と、ステーションワゴン「パサートヴァリアント」に、2リッターターボエンジンを搭載した「2.0TSI Rライン」を設定し、販売を開始した。

パサート/パサートヴァリアントにはこれまでもスポーティーな内外装を特徴とする「Rライン」が存在したが、エンジンはベースグレードと同様の1.4リッターターボがそのまま搭載されていた。今回、「ゴルフGTI」と同じ2リッターターボエンジンに置き換えられたことで、中身の伴ったスポーティーグレードへと進化した。最高出力、最大トルクともに、ゴルフGTIと同じ220ps/35.7kgmを発生する。そのほかアダプティブシャシーコントロール“DCC”も標準装備される。

価格は以下の通り。
・パサート 2.0TSI Rライン:499万9000円
・パサートヴァリアント 2.0TSI Rライン:519万9000円

(webCG)

関連キーワード:
パサートパサートヴァリアントフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • ボルボV60 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.6.25 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」が2代目に進化。日本では縮小が続くジャンルだが、新世代のボディー骨格とパワーユニットを得た北欧のファミリーエステートは、洗練されたスタイルと実用性をあわせ持つ魅力的なモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る