アストンの小型車「シグネット」都内でお披露目

2011.10.29 自動車ニュース

「アストン・マーティン シグネット」都内でお披露目

アストン・マーティンは2011年10月29日、高級コンパクトカー「シグネット」を東京都内で披露した。

トヨタのコンパクトカー「iQ」をベースに、英国のスポーツカーメーカーであるアストン・マーティンが、独自の新型車を造る!?――
そんなニュースが伝え聞こえてきたのは、2009年夏のこと。それから2年、現実のものとなった「アストン・マーティン シグネット」が、日本国内(東京・表参道)でもお披露目された。

発表会では、アストン・マーティン アジアパシフィックのリージョナルディレクター、マシュー・ベネット氏が「都市部のドライバーが求めるすべてを提供できるクルマです」と“最も小さなアストン”を紹介。デザインを手がけたマレック・ライヒマン氏も、「アストン・マーティンのなかで、最も全長が短いだけでなく、最もお求めやすいクルマでもあります」。「それに、他アストン・マーティン車と同様、POWERとBEAUTY、そしてSOULを備えています」と、その仕上がりに太鼓判を押した。

ライヒマン氏いわく「このクルマで最もエキサイティングなのは、お客様の望みどおりに仕立てられること」。注文生産の「シグネット」は、あらかじめ用意される豊富なオプションに加えて、カラーリングなど、ユーザーが望むさまざまなカスタマイズに対応できるのがウリである。

既報のとおり、受注は10月24日から始まっており、価格は475万円。日本での発売に際し、白または黒を基調に内外装をドレスアップした「ローンチエディション」と呼ばれる特別仕様車も用意される。

(webCG 関)

アストン・マーティンの高級コンパクト「シグネット」。傍らに立つのは、同社のマレック・ライヒマン氏(写真右)とマシュー・ベネット氏。
アストン・マーティンの高級コンパクト「シグネット」。傍らに立つのは、同社のマレック・ライヒマン氏(写真右)とマシュー・ベネット氏。
グリルに(樹脂ではなく)アルミを用いるなど、デザインだけでなく素材選びにもこだわったという。展示車のグリルに見られるオレンジ色の縁取りは、アストン・マーティンのレーシングカーに見られる意匠である。
グリルに(樹脂ではなく)アルミを用いるなど、デザインだけでなく素材選びにもこだわったという。展示車のグリルに見られるオレンジ色の縁取りは、アストン・マーティンのレーシングカーに見られる意匠である。
他アストン・マーティン車同様、レザーがふんだんに使われる「シグネット」のインテリア。
他アストン・マーティン車同様、レザーがふんだんに使われる「シグネット」のインテリア。
アストンの小型車「シグネット」都内でお披露目の画像

関連キーワード:
シグネットiQアストンマーティントヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストン・マーティン シグネット(FF/CVT)【試乗記】 2011.12.14 試乗記 アストン・マーティン シグネット(FF/CVT)
    ……544万7050円

    「iQ」ベースのマイクロ・アストン、「シグネット」が日本に上陸。小さな小さな高級車の乗り味は?
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • 第73回:伊達軍曹、スバリストになる!? 2018.1.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第73回は「伊達軍曹、スバリストになる!?」。筆者が率いるカーマニア集団「MJ戦略参謀本部」、そこに属する個性派メンバー達のこだわりとは? 共にスバリストを自認する守旧派VS改革派(!?)が激突する!
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
ホームへ戻る