第8回 宇宙戦艦ヤマト撃沈!

2016.09.13 エッセイ

「458」は白身魚

男のすべてを賭けて買った美の結晶「458イタリア」は、私が言うところの「整形ブス」こと「488GTB」に取って代わられた。まさに人生の痛恨事であるが、もう少し客観的に見るとどうなのか。

例えば、私がこれまで買った10台の中古フェラーリすべてを売った「コーナーストーンズ」代表の榎本 修氏(通称:エノテン)は、「488のスタイリングは、458を実にうまくリファインしてると思いますよウフフ~」と言う。「中でもサイドのエアインテーク、あれがいいです。やっぱりミドシップフェラーリは、サイドに穴が開いてないと寂しいです!」

私に言わせればあの穴は、458の最も美しく張りのあるギリシャ彫刻的な曲線部を、無残かつヘタクソに抉(えぐ)り取ったタリバン的蛮行だが、逆にそれを善しとする見方もあるのは想像に難くない。

なぜなら、スーパーカーにとってエアインテークなどの「穴」は、パワーの象徴だからである。いっぱい空気を吸いこんでいっぱい馬力を出す。ついでにケツから火を吹けば完璧。白身よりトロを愛するパワフルゾーンな男たちにとって、サイドエアインテークは脂身そのもの。穴が開いてない458は白身魚。そんなもんジジイが食ってろ。その言い分には一理ある。

というより、そこらの女子に458と488を見せても、まず見分けがつくまい。そんな小さいことにこだわってるからモテないのよ! と言われそうだ。考えただけで涙が出る。

愛機“宇宙戦艦号”こと「458イタリア」にちなみ、エノテンとタイタニックポーズをキメる筆者。(写真=池之平昌信)


	愛機“宇宙戦艦号”こと「458イタリア」にちなみ、エノテンとタイタニックポーズをキメる筆者。(写真=池之平昌信)

「488GTB」は、“脂身”である大きなエアインテークが特徴。(写真=池之平昌信)


	「488GTB」は、“脂身”である大きなエアインテークが特徴。(写真=池之平昌信)
“宇宙戦艦号”こと「458イタリア」。自然吸気エンジンを搭載した、筆者いわく“白身魚”。(写真=池之平昌信)
“宇宙戦艦号”こと「458イタリア」。自然吸気エンジンを搭載した、筆者いわく“白身魚”。(写真=池之平昌信)
こちらホンモノの白身魚。
こちらホンモノの白身魚。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本唯一の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算44台、うち10台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。