「スバル・レガシィB4」にタンレザーシートの特別仕様車

2016.09.08 自動車ニュース
「スバル・レガシィB4スポルヴィータ」
「スバル・レガシィB4スポルヴィータ」 拡大

富士重工業は2016年9月8日、「スバル・レガシィB4」に特別仕様車「SporVita(スポルヴィータ)」を設定し、300台限定で販売を開始した。

レガシィB4スポルヴィータは、2015年10月28日に発売された「WRX S4スポルヴィータ」に続く、イタリアの老舗革製品サプライヤーMALIO LEVI(マリオ・レヴィ)社とのコラボレーションによる特別仕様車の第2弾である。

ベースとなったのは上級グレードの「リミテッド」で、インテリアにはタンカラーの専用本革シートを装備。ドアトリムやステアリングホイールなどもタンカラーとすると共に、シートとドアトリムにはステッチを波型に並べて立体感を出す「カーブキルト」と呼ばれる縫製を施している。また、インストゥルメントパネルやシフトノブにはピアノブラック調や金属調の装飾パネルを採用。イタリアンレザーの風合いが引き立つ上質な室内空間を実現しているという。

これらを含む特別装備は以下の通り。
・タンカラー表皮・ステッチ(MARIO LEVI製タン本革シート、コンソールリッド、ドアトリム、シフトブーツ)
・ステアリングヒーター付き本革巻きステアリングホイール(高触感革タン/ブラック)
・ピアノブラック調加飾(パワーウィンドウスイッチ、ハザードスイッチ、前席センターエアベントグリル、後席シートヒータースイッチ、後席カップホルダー)
・メッキリング付き後席エアベントグリル
・メッキリング付き後席カップホルダー
・高艶ベロアメッキ付きブラックフロントグリル
・高艶ベロアメッキ付きピアノブラック調フロントフォグランプカバー
・高艶ベロアメッキリアガーニッシュ
・サテンメッキドアミラー
・18インチアルミホイール(ブラックハイラスター塗装)

価格は340万2000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
レガシィB4スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る