「スバル・レガシィアウトバック」にスタイリッシュな特別仕様車

2016.09.08 自動車ニュース
「スバル・レガシィアウトバック エックスアドバンス」
「スバル・レガシィアウトバック エックスアドバンス」

富士重工業は2016年9月8日、「スバル・レガシィアウトバック」の特別仕様車「X-ADVANCE(エックスアドバンス)」を発表した。2017年1月9日に販売を開始する。

 
「スバル・レガシィアウトバック」にスタイリッシュな特別仕様車の画像

今回のレガシィアウトバック エックスアドバンスは、スバル初の水平対向エンジン搭載車「スバル1000」の発売50周年を記念した特別仕様車の第3弾。2.5リッター水平対向4気筒エンジンを搭載するレガシィアウトバックの標準グレードをベースに、「本物の機能性を備えたスタイリッシュなアウトドアギア」をデザインテーマとして開発されたモデルである。 

インテリアには、はっ水ファブリックと合成皮革を組み合わせて機能性を高めた専用シートを採用。運転席周りは光輝パーツによる装飾を排除することで、「道具の持つ本質的な素材感」が表現された。また、ステアリングやシフトブーツにはイエローグリーンステッチが施されている。

エクステリアは、ガンメタリック塗装のアルミホイールの採用やルーフレールとドアミラーのブラック化のほか、サイドクラッディングに付く「OUTBACK」オーナメントのカラーをイエローグリーンに変えることで、特別感が演出された。

これらを含む特別装備は以下の通り。
・イエローグリーンステッチ加工(はっ水ファブリック/合成皮革シート、コンソールリッド、本革巻きステアリングホイール、シフトブーツ、レザー調素材巻きドアトリム)
・メタルメッシュ/ブラックパネル(インパネ、ドアトリム)
・ピアノブラック調加飾(ハザードスイッチ、前席センターエアベントグリル)
・ブラックカラードドアミラー
・サイドクラッディング「OUTBACK」オーナメント(イエローグリーン化)
・ブラックルーフレール
・17インチアルミホイール(ガンメタリック塗装)

ボディーカラーは、クリスタルホワイト・パール、プラチナムグレー・メタリック、ダークグレー・メタリック、クリスタルブラック・シリカ、ダークブルー・パールの全5色が用意される。

価格は、321万8400円(ベース車プラス1万0800円)。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィアウトバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.11 試乗記 安全装備の強化や運動性能の向上、快適性の改善など、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が大幅な改良を受けた。進化を遂げた現行モデルの実力を、280psを発生する直噴ターボエンジンを搭載した最上級グレード「2.0XT EyeSight」で確かめた。
  • 「スバルAWDオールラインナップ雪上試乗会」の会場から 2016.2.15 画像・写真 2016年2月上旬、北海道千歳市にある新千歳モーターランドを拠点に、報道関係者向けの「スバルAWDオールラインナップ雪上試乗会」が開催された。会場に並んだ、さまざまなスバル車の走りと技術的ハイライトを、写真とともにリポートする。
  • スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.8 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る