スバルが「レガシィB4/アウトバック」を一部改良

2016.09.08 自動車ニュース
「スバル・レガシィアウトバック」
「スバル・レガシィアウトバック」 拡大

富士重工業は2016年9月8日、「スバル・レガシィB4/レガシィアウトバック」に一部改良を実施し、同年10月3日に発売すると発表した。

「レガシィB4」
「レガシィB4」 拡大

今回の改良では、運転支援システムの「アイサイトver.3」の機能を向上。「レヴォーグ」や「WRX S4」に続いて車線中央維持機能(クルーズコントロールの作動中に、車線内中央を維持するようステアリング操作のアシストを行う機能)を採用したほか、同機能と車線逸脱抑制機能からなる「アクティブレーンキープ」の作動速度域を、従来の65km/h以上から60km/h以上に拡大した。

装備の強化も図っており、10分でおよそ38度まで温まった後、タイマー機能により約30分で自動的にオフとなるステアリングヒーターを全車に標準で採用。またアウトバックのボディーカラーに同車専用の新色「オークブラウン・パール」を追加した。

価格は以下の通り。
・レガシィアウトバック:320万7600円
・レガシィアウトバック リミテッド:347万7600円
・レガシィB4:293万7600円
・レガシィB4リミテッド:315万3600円

(webCG)
 

関連キーワード:
レガシィB4レガシィアウトバックスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • 谷口信輝の新車試乗――スバルWRX STIタイプS(前編) 2017.12.14 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「スバルWRX STI」である。2017年5月のビッグマイナーチェンジを経てさらなる熟成が進んだスバルきってのスポーツモデルに、今あらためて谷口が挑む!
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る