ベントレー・フライングスパーに635psの高性能モデル登場

2016.09.08 自動車ニュース
「ベントレー・フライングスパーW12 S」
「ベントレー・フライングスパーW12 S」

英ベントレー モーターズは2016年9月7日(現地時間)、ニューモデル「フライングスパーW12 S」の概要を発表した。

 
ベントレー・フライングスパーに635psの高性能モデル登場の画像
 
ベントレー・フライングスパーに635psの高性能モデル登場の画像
 
ベントレー・フライングスパーに635psの高性能モデル登場の画像

フライングスパーW12 Sは、ベントレーの4ドアモデルである「フライングスパー」シリーズの新たなフラッグシップモデルである。

エンジンは6リッターW12ツインターボで、既存の「W12」が搭載するユニットに対し、最高出力を625psから635psに、最大トルクを81.6kgmから83.6kgmに強化。動力性能は0-100km/h加速が4.5秒、最高速が325km/h(202mph)と公称されており、スライングスパーシリーズとして初めて最高速が200mphを超えた。

足まわりにも、既存のモデルよりハンドリングやトラクション性能を重視した独自のチューニングを採用したほか、スタビリティーコントロールの制御も変更。ブレーキにはオプションでカーボンセラミックブレーキも用意している。

(webCG)
 

関連キーワード:
フライングスパーベントレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ミュルザンヌ(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.7.29 試乗記 2009年に発表された「ベントレー・ミュルザンヌ」。その“フェイスリフト版”の国際試乗会が、ドイツ南部のシュロス・エルマウというホテルを本拠地に催された。アルプス山麓でのドライビングを通して感じた、ベントレーの旗艦が放つ魅力を報告する。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(ベントレー/ブガッティ) 2017.9.15 画像・写真 2017年のフランクフルトショーに、ベントレーは新型「コンチネンタルGT」を出展した。ブラッシュアップされたW12エンジンは、最高出力が635ps、最大トルクは900Nmに達している。1500psを誇るブガッティの「シロン」とともに写真で紹介する。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.9.7 試乗記 740psという途方もないパワーを誇る「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」に試乗。この地をはうかのごときファイティングブルは、スーパーカーの中のスーパーカー! とたたえるにふさわしい存在感に満ちていた。
ホームへ戻る