ベントレー・フライングスパーに635psの高性能モデル登場

2016.09.08 自動車ニュース
「ベントレー・フライングスパーW12 S」
「ベントレー・フライングスパーW12 S」

英ベントレー モーターズは2016年9月7日(現地時間)、ニューモデル「フライングスパーW12 S」の概要を発表した。

 
ベントレー・フライングスパーに635psの高性能モデル登場の画像
 
ベントレー・フライングスパーに635psの高性能モデル登場の画像
 
ベントレー・フライングスパーに635psの高性能モデル登場の画像

フライングスパーW12 Sは、ベントレーの4ドアモデルである「フライングスパー」シリーズの新たなフラッグシップモデルである。

エンジンは6リッターW12ツインターボで、既存の「W12」が搭載するユニットに対し、最高出力を625psから635psに、最大トルクを81.6kgmから83.6kgmに強化。動力性能は0-100km/h加速が4.5秒、最高速が325km/h(202mph)と公称されており、スライングスパーシリーズとして初めて最高速が200mphを超えた。

足まわりにも、既存のモデルよりハンドリングやトラクション性能を重視した独自のチューニングを採用したほか、スタビリティーコントロールの制御も変更。ブレーキにはオプションでカーボンセラミックブレーキも用意している。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る