スマート・フォーツーカブリオ ターボ リミテッド(RR/6AT)

マニアではないアナタにも 2016.09.13 試乗記 「スマート・フォーツー」に限定モデル「カブリオ ターボ リミテッド」が登場。90psと13.8kgmを発生する0.9リッター直3ターボエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて3代目となる現行型スマートのドライブフィールを確かめた。

ピッチングが気にならない

スマート・フォーツーというか2人乗りのスマート、私は勝手に「オムスビ君」と呼んでいる。今度ので3代目だからオムスビ君3。さらにカブリオでターボだからオムスビ君3CT……を運転してアッと思ったことに、ピッチングが気になる度合いがうんと低くなっていた。前までなかったナニゴトかが新しいので起きるようになった場合はもっとわかりやすいかもしれないけれど、今回のこのケースに関しては逆で、前までハッキリあったのがこんどのにはない。かなり。ほとんど。

ピッチングとはなにか。ナニゴトか。ものすごく簡単にいうと、走行中にクルマの前アシが縮んで後ろアシが伸びる。その反動で、今度は前アシが伸びて後ろアシが縮む。そういう方向の動きである。例えばブレーキをかけるとクルマの姿勢は横からみて前のめりになるし、アクセラレーターを踏み込んで加速したらその逆つまり後ろのめり(?)になるわけだけど、その種の動きというか揺れが短い時間のなかでギッタンバッコン繰り返されるのが(モンダイありな種類の)ピッチングだと考えれば、まあ、ほぼほぼオッケーでしょう。ピッチングはクルマの乗り心地の快適さを損ねる要因のワンオブ最右翼の現象でもあるので、試乗記なんかではよく……ではないかもしれないけれど、言及される。わかりやすいピッチングがわかりやすく発生していたら、そのクルマの乗り心地は、バッサリいっちゃうとNGである。

オムスビ君の場合、その特有のディメンションからして対ピッチング的にはかなりツラそう。ベースの条件がハッキリ不利っぽい。なにしろホイールベースが極端に短い。その極端に短いホイールベースとの対比でいうと、クルマの重心はすごく高い。あえていっちゃえば、「ピッチングさん、いらっしゃぁ~い」なカタチをしている。そのオムスビ君にして、今度のこれは、ピッチング系の揺れを不快に感じることがほとんどない。もっというと、「ゆったりしたストローク感をともないつつ……」なんて書いてもそんなにウソにはならないぐらい、乗り心地は全体として快適にできている。そして、巡航速度を上げるほどにそれはよくなる。乗り心地の基本というか土台になる車体のガッチリ度が高いのは相変わらず。

2016年8月3日に発表・発売された「フォーツーカブリオ ターボ リミテッド」。同じタイミングで「フォーツークーペ」と「フォーフォー」のターボ車もお披露目された。
「フォーツーカブリオ ターボ リミテッド」のインストゥルメントパネルまわり。テスト車には販売店オプションのポータブルナビが装備されていた。
「スマート」のターボ車には、コックピットクロックとレブカウンターが装備される。
3代目となる現行型「スマート・フォーツー」は2014年7月に本国で発表され、日本では2015年の東京モーターショーでお披露目された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーカブリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る