第364回:キーワードは“新興国”と“自動運転”
世界最大のシートメーカーが見据える未来とは?

2016.09.10 エッセイ
説明会の会場に展示されていた、ミニバン用のシート。

あのレカロを傘下に収める世界最大のシートメーカー、ジョンソンコントロールズ・オートモーティブエクスペリエンス(以JCA)が、2016年秋にジョンソンコントロールズから独立。社名も新たに「アディエント」としてスタートすることとなった。そこで、ジャーナリスト向けに同社の現状と今後についての説明会が行われたのでご報告しよう。

ジョンソンコントロールズ・オートモーティブジャパンの内田博之社長。

3台に1台がJCAのシートを装着している

そもそもジョンソンコントロールズとは、アメリカのウィスコンシン州ミルウォーキー市に本社を置くコングロマリットで、主に3つの事業部門から成り立っている。ひとつはビルディングシステム、さらに鉛電池などのバッテリー事業、そしてシートメーカーのJCAだ。

JCAは全世界で7万5000人の従業員を抱え、売上高は239億ドル(約2兆4000億円)という非常に大きな企業だ。年間で生産するシートセット数は2200万台分にものぼる。つまり、全世界で生産されるクルマの3台に1台は、JCAのシートが装備されている計算となるのだ。もちろん、すべての主要な自動車メーカーと関係を持っている。

ジョンソンコントロールズ・オートモーティブジャパンの内田博之社長は、この企業規模について「研究開発と生産ネットワークは全世界に230拠点ある。このグローバルネットワークにより、(JCAは)他のシートメーカーよりも優位な状況にある」と述べる。ちなみに日本では2000年に池田物産を買収し、拠点を作った。

同社の市場分析では、2020年には中国での普通自動車の生産量が全世界の30%にのぼると予測されている。これは、北米や日本と比較して大幅な伸びを示すもので、もちろんJCAとしては今後も中国に注力していくという。内田氏は「アフリカなどの新興国市場の伸びも大きく、力を入れていく」と述べるとともに、「先進国でもこれまで同様に開発の手は緩めない」と強調した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ