「レンジローバー イヴォーク」にオープントップモデルが登場

2016.09.09 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル HSEダイナミック」
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル HSEダイナミック」

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年9月9日、コンバーチブルモデル「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル」の受注を開始した。

 
「レンジローバー イヴォーク」にオープントップモデルが登場の画像
 
「レンジローバー イヴォーク」にオープントップモデルが登場の画像
 
「レンジローバー イヴォーク」にオープントップモデルが登場の画像
 
「レンジローバー イヴォーク」にオープントップモデルが登場の画像

レンジローバー イヴォーク コンバーチブルは、ランドローバーのコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」をベースとしたオープントップモデルである。

ルーフには電動で開閉するZ型格納式ソフトトップ(防音仕様)を採用しており、センターコンソールのスイッチを操作することで、21秒でルーフを展開、18秒で格納することができる。また車速が48km/hまでであれば、走行中でもルーフの開閉が可能となっている。同車は、室内空間を犠牲にすることなく折りたたんだルーフを収納するためのスペースを設けるため、フロントドア後部の車体やテールパイプ、スポイラーが新たに設計された。

グレードは「HSEダイナミック」のみの設定で、インテリアにはオックスフォードレザーなどの高級素材を各所に使用。大人4名が乗車できるキャビンスペースと、ルーフの開閉を問わず251リッターの容量が確保されたラゲッジルーム、高速かつ直感的なタッチ操作が可能な10.2インチの最新インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を備えている。

パワートレインに関しては既存のイヴォークの日本仕様と同じで、パワーユニットには最高出力240psを発生する2リッター直4直噴ガソリンターボエンジンを、トランスミッションには9段ATを採用。ペダル操作をせずとも一定の速度(1.8~30km/h)で車両を前進・後退させ続ける「オールテレイン・プログレス・コントロール・システム(ATPC)」を搭載している。

安全性についても配慮しており、横転保護のためにAピラーを強化したほか、リアクオーターパネル内に展開式のロールオーバーバーを装備。万一車両が横転した場合、自動的に2本のアルミ製のバーを90ミリ秒で作動させ、乗員のための安全なスペースを確保するという。また、ステレオデジタルカメラ方式の自動緊急ブレーキ(AEB)や、レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警告)などのもオプションとして用意している。

価格は765万円。

(webCG)
 

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガー・ランドローバー雪上試乗会【試乗記】 2017.2.28 試乗記 レンジローバーの走破性能の高さは誰もが知るところ。今回の舞台はスノーロード、「レンジローバー イヴォーク コンバーチブル」に雪上で試乗した。併せて、「レンジローバー オートバイオグラフィー」と「ジャガーFペース」にも試乗した。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジ 2017.5.25 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年5月25日、マイナーチェンジを施した「ゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラック」を発表した。同年5月29日に発売する。車両価格は249万9000円から。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • スバル、アイサイトの機能を大幅に強化 2017.6.19 自動車ニュース スバルは2017年6月19日、運転支援システム「アイサイト」の機能を大幅に強化し、今夏に発表予定の改良型「レヴォーグ」と「WRX S4」に搭載すると発表した。
ホームへ戻る