ホンダNSX(4WD/9AT)

ここから歴史が始まる 2016.09.09 試乗記 3.5リッターV6ツインターボエンジンと、3つのモーターからなる「スポーツハイブリッドSH-AWD」を搭載した新型「ホンダNSX」。こだわりの車体構造とライバルとはまったく異なるパワーユニットが織り成す走りを報告する。

卓越したシャシーバランスがかなえる走り

鈴鹿サーキット前半のハイライトであるデグナーカーブを駆け抜けてフル加速。パドルをはじいて3速へとシフトアップしたときに、新型NSXの素晴らしさを心から実感した。
これだけ安心して“SUZUKA”を走れるスポーツカーは、なかなかお目にかかれない。

この安心感をもたらす最も大きな要因は、重心の低さだと思う。75度のバンク角を持つ3.5リッターV6ツインターボは、ブロック下にオイルパンを持たないドライサンプ方式によって、車体の一番低い位置に搭載されている。3つのモーターを稼働させるバッテリーとコンバーター(インテリジェント・パワーユニット)も、床下ではなく斜めに立てかけられてはいるものの、ドライバーズシートの直後、ホイールベースのなるたけ内側の、低い位置に配置されている。
これはまんま、レーシングカーの造りである。

だから新型NSXは、クルマがロールしてもリアタイヤがビタッと路面を捉え続けてくれる。安心してミドシップならではのコーナリングを楽しむことができる。そしてこれこそが、FF車から流用した横置きエンジンをミドシップした初代NSXと、明らかに違う点である。

エンジンパワーは507ps。ここにドライブモーター(48ps)と、フロント用モーター(37ps×2)を合わせたシステム全体での最高出力は581ps。これは「マクラーレン570S」(570ps)や「ポルシェ911ターボS」(580ps)に比肩する数値だ。しかしEVユニットを搭載するぶん車重も1780kgと重たく、その加速は圧倒的とは言いがたい。
またその重さに抗すべき多段のトランスミッションも、9段全てを使い切って走るようなクロスレシオにはなっていない(エンジニアはこれに筋道立てた理由を用意していたが、それはまた別の機会に)。
また、そのつながり方もライバルと比べて緩慢で、ポルシェのように雑ではないが、アウディに比べればまったくもってツメが甘い。
ミドシップの車体を安定させ、オンザレールなハンドリングをもたらすとされるトルクベクタリングも、限界領域では操縦性の難しさが顔を出す。具体的には、内輪には逆方向のトルクが生じて、カウンターを切った方向へノーズがすっ飛んでしまう。だからそうならないように、ドライバーはフロントタイヤに駆動をかけ続けなければならない。

それでも新型NSXは、流儀にのっとった運転をしさえすれば、前述したシャシーバランスの良さで、フォーミュラカーのごときピュアな走りを披露してくれる。またライバルに先んじて、いち早くモーターを動力性能向上のために投入した姿勢も、大いに評価できる。
だから新型NSXは、これっきりで終わってはいけない。2370万円という価格をして「もうけは度外視」というのならば、そのバッテリーを小型化して車両重量を減らし、モーターの出力を上げて次世代の加速を得られるまで進化し続けなければならない。まだまだ未熟な部分を、研ぎ澄ませなくてはならない。

それはまるで、初代「プリウス」が誕生したときに非常に似ていると筆者は感じた。

(文=山田弘樹/写真=荒川正幸)

【スペック】
全長×全幅×全高=4490×1940×1215mm/ホイールベース=2630mm/車重=1780kg/駆動方式=4WD/エンジン=3.5リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ(507ps/6500-7500rpm、56.1kgm/2000-6000rpm)/フロントモーター=交流同期電動機(37ps/4000rpm、7.4kgm/0-2000rpm)×2/リアモーター=交流同期電動機(48ps/3000rpm、15.1kgm/500-2000rpm)/燃費=12.4km/リッター(JC08モード)/価格=2370万円

エクステリアデザインはエアロダイナミクスを徹底して追及したもの。エンジンなどの冷却効率を高めるため、フローティングタイプのCピラーを採用している。
エクステリアデザインはエアロダイナミクスを徹底して追及したもの。エンジンなどの冷却効率を高めるため、フローティングタイプのCピラーを採用している。
初代「NSX」と同じく、視認性のよさや操作のしやすさを重視して設計されたインテリア。各部の色や素材の違いにより、全7種類のコーディネートが用意されている。
初代「NSX」と同じく、視認性のよさや操作のしやすさを重視して設計されたインテリア。各部の色や素材の違いにより、全7種類のコーディネートが用意されている。
キャビンの後方に縦置き搭載される「NSX」専用設計の3.5リッターV6ツインターボエンジン。高出力化はもちろん、小型化、軽量化、低重心化にも配慮して開発された。
キャビンの後方に縦置き搭載される「NSX」専用設計の3.5リッターV6ツインターボエンジン。高出力化はもちろん、小型化、軽量化、低重心化にも配慮して開発された。
タイヤサイズは前が245/35ZR19、後ろが305/30ZR20。ブレーキローターはスチールが標準で、オプションでカーボンセラミック式のものも用意されている。
タイヤサイズは前が245/35ZR19、後ろが305/30ZR20。ブレーキローターはスチールが標準で、オプションでカーボンセラミック式のものも用意されている。
「NSX」にはコーナリング性能を高めるため、2基のモーターによってフロントの左右輪を個別に駆動するトルクベクタリング機構が備わっている。
「NSX」にはコーナリング性能を高めるため、2基のモーターによってフロントの左右輪を個別に駆動するトルクベクタリング機構が備わっている。
ボディーカラーは全8色。写真の「バレンシアレッド・パール」は67万円の有償色である。
ボディーカラーは全8色。写真の「バレンシアレッド・パール」は67万円の有償色である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

NSXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500hプロトタイプ(FR/CVT)/LC500プロトタイプ(FR/10AT)【レビュー】 2016.12.9 試乗記 レクサスの新たなラグジュアリークーペ「LC」シリーズにスペインで試乗。新世代のハイブリッドシステムを搭載した「LC500h」と、5リッターV8エンジンを搭載した「LC500」には、それぞれにまったく異なる魅力が宿っていた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
ホームへ戻る