メルセデス、「GLC」のプラグインハイブリッドモデルを発売

2016.09.09 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ」
「メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ」 拡大

メルセデス・ベンツ日本は2016年9月9日、ミドルクラスSUV「メルセデス・ベンツGLC」にプラグインハイブリッド車の「350e 4MATICスポーツ」を追加設定し、販売を開始した。

今回のGLC350e 4MATICスポーツは、「S550eロング」「C350eアバンギャルド」に続く、メルセデス・ベンツにとって3車種目のプラグインハイブリッド車である。

パワーユニットは、最高出力211ps、最大トルク35.7kgmを発生する2リッター直噴ターボエンジンと、最高出力116ps、最大トルク34.7kgmの電動モーターの組み合わせ。システム全体の最高出力は320ps(235kW)、最大トルクは57.1kgm(560Nm)となっている。

また、リチウムイオンバッテリーの容量は8.31kWhで、フル充電の状態から電気だけで30.1kmの距離を走ることが可能。フル充電に要する時間はAC200V電源で約4時間。走行モードで「CHARGE」を選んだ場合は1時間以内とされている。

デザインによる差別化も図っており、同グレードの特別装備として「Mercedes-Benz」のロゴ付きブルーブレーキキャリパーや「PLUG IN HYBRID」デザインのサイドバッジを採用。GLCのラインナップでは唯一の左ハンドル車で、右ハンドルの設定はない。

JC08モード計測によるエネルギー消費効率は13.9km/リッター。価格は863万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
GLCメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • メルセデスAMG GLE43 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2016.7.18 試乗記 AMGの名から想像するよりずっと静かなエンジンと、それに不似合いな硬さの足まわり。「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」の本性を、街中だけで見抜くのは簡単ではない。いざ、高速道路に乗って、このツンデレなSUVのアクセルを踏み込むと……。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • メルセデス・ベンツG350d/GLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)【試乗記】 2018.6.9 試乗記 メルセデスのSUVにイッキ乗りできる、ぜいたくな試乗会が開催された。リポーターがチョイスしたのは、デビューから40年の集大成となる従来型「Gクラス」と、売れ筋ミドルサイズの「GLC」。とりわけ印象に残ったのは、Gクラスの独自の世界観と完成度の高さだった。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
ホームへ戻る