メルセデス、「GLC」に367psの高性能モデルを設定

2016.09.09 自動車ニュース
「メルセデスAMG GLC43 4MATIC」
「メルセデスAMG GLC43 4MATIC」

メルセデス・ベンツ日本は2016年9月9日、ハイパフォーマンスSUV「メルセデスAMG GLC43 4MATIC」を発売した。

 
メルセデス、「GLC」に367psの高性能モデルを設定の画像
 
メルセデス、「GLC」に367psの高性能モデルを設定の画像

メルセデスAMG GLC43 4MATICは、メルセデスAMGが独自のチューニングを施した「GLC」のハイパフォーマンスモデルである。

エンジンは3リッターV6直噴ツインターボで、最高出力367ps(270kW)、最大トルク53.0kgm(520Nm)を発生。クランクケースとシリンダーヘッドをアルミニウム製とするなど、軽量化にも配慮がなされている。また、排気システムには軽量かつ低背圧タイプの「AMGスポーツエグゾーストシステム」を採用しており、モータースポーツを想起させるエモーショナルなサウンドを楽しめるという。

駆動システムはフルタイム4WDの「AMG 4MATIC」で、先述のエンジンとも相まって0-100km/h加速は4.9秒(欧州仕様値)という動力性能を実現。駆動力の変動によるステア特性の変化を抑えるとともに、前:後=31:69というリア寄りの駆動力配分により、強力なトラクションと安定感あるハンドリングをかなえているという。

このほかにも、高いアジリティー性能と快適性を両立するという「AMGスポーツサスペンション」や、フロントに360mmのドリルドベンチレーテッドディスクを、リアに320mmのベンチレーテッドディスクを用いた「AMG強化ブレーキシステム」を採用。状況に応じてエンジンや電子制御サスペンション、ステアリング、トランスミッションなどの制御を選択できる「AMGダイナミックセレクト」も搭載している。

デザインによる差別化もなされており、サイドミラーやフロントおよびサイドスカートなどに艶のあるブラックのアクセントを配した「ナイトパッケージ」や、ツインカラーの21インチAMG 5ツインスポークアルミホイールなどが採用されている。

価格は863万円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • BMW 523dツーリング ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.7.10 試乗記 誕生から4世代を数える「BMW 5シリーズ」のステーションワゴン、「5シリーズ ツーリング」の新型が日本に導入された。ディーゼルモデル「523d」の試乗を通してその実力を測るとともに、他の車型にはない“ワゴンならではの魅力”とは何かを考えた。
  • メルセデス・ベンツGLA180(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.6 試乗記 メルセデスのコンパクトSUV「GLA」がマイナーチェンジを受けた。その内容はいわゆるフェイスリフトに過ぎない。しかし、試乗を通じて感じたのは、“見た目”優先ではなく、むしろ高い実用性を備えたユーティリティーカーに仕上がっているということだった。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
ホームへ戻る